スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新終了のご挨拶

「秘密」の「第九」編が終了し、エピローグも終わりました。
これで「秘密」のストーリーに1つの区切りがつきましたね。

夜子さんのブログの記事を読んで予想していた方もいらっしゃるかと思いますが、私は「第九」編終了という区切りの良い時にブログ活動を終了したいと考えておりまして、以前も「辞める」「辞めない」でご迷惑をおかけした夜子さんには比較的早い時期にそのご報告とご相談をさせて頂いておりました。

メロディ8月号が出る前には決意を固めていたので、エピローグを読んだ直後の感想を書きながら「薪さん、良かったね!」と思って泣いてるのか、「こういう感想書くのもこれが最後か・・・」と思って泣いてるのか・・・。
よく分からないまま泣いていました(^^;)

清水先生の「あと一回・・・」という言葉にほだされずラストでブログを止めておけば、ラストとエピローグのつながりに混乱して醜態を晒すことも無かったのに・・・なんて思いもしましたが、それもまたいい思い出になるだろうと思います(笑)

かなり苦心しましたが前記事までに、ここまでの自分の感想も全て書き終りました。
そこでこの記事を持ちまして当ブログの更新を終了することにしましたので、ご報告とご挨拶をさせていただきます。



清水先生から「ラスト・・・」と言葉が出て以来、ずっと「秘密」終了後自分のブログをどうするか考えてきました。
そして「秘密」のラストと共にこのブログも畳めたら良いな・・・と考えるようになりました。

私は創作も思うようにできませんし、「感想を書く」ことが無くなったらやりたいと思うことはゆっくりとイラストを描くこと位です。
それなら他のサイト様への投稿で充分かな~と。

その後終わるのは「第九」編で、「秘密」のストーリーはまだ続いていくらしいと分かり考え直そうとも思いましたが・・・、ブログを始めて早4年・・・。

住んでいる所もブログを始めた当初とは変わりましたし、赤ちゃんに毛が生えた位だった娘も今はランドセルを背負って学校に通っています。

自分のプライベートや意識にも変化があり、新たにやりたいと思うこと、やらなければならないと思うことが増える中、生活の中における「ブログ」の優先度は次第に低くなってきていました。
私がブログの記事を書くのにかかる時間はかなりのものなので、止めてそろそろ新しい風を入れたいな・・・という気持ちも強くなってきていたのでしょう。
「止める」という気持ちを変えることはできませんでした。

これから「秘密」は連載になるのか、不定期の掲載になるのかまだよく分からず、もし連載にならないのなら、今までよりも楽な形でブログができるのかもしれません。

でも私はそろそろ「感想を書く」ということ自体止めにしたいと思っていたのですよね。

「書く」ために「考える」ことで新たな発見があるという良い面がある一方、「書く」ために「考える」ことでせっかく芽生えた感動がスッと消える・・・。一気に冷静になる・・・という悪い面があることも感じていましたし、「書く」ことでしっかりと自分の先入観ができてしまって、次の展開が素直に見れなくなることもあったので・・・。
ラスト~エピローグの混乱がまさにそれだった訳ですが(^^;)

「秘密」はキャラの心情が詳しく説明されない分、読み手の感じ方で話の印象がかなり変わってくる。
今までの感想は今までの自分の感覚で書いてあり、そこには自分の「思い込み」もいっぱいあると思います。

感想を書くのを止めて、自分のブログから離れ、今まで積み上げてきた「思い込み」を全部消した時、自分の目に写る「秘密」は全く違う「秘密」になっているかもしれない・・・。
そしてこれからまた新たな「秘密」のストーリーが始まるなら、先入観のないまっさらな状態から見ていきたい。

一度そう思ったらそれがすごく魅力的なことに思えて、今はそれが楽しみでもあります。

最後まで「秘密」についていって「秘密ブログを卒業します!」と言って辞めていけたらいいな・・・ってずっと思っていたのですが、残念ながら「中退」という形となりますね。

見に来てくださっていた方には本当に申し訳ないです・・・。

でもこの後「秘密」は過去編(?)ということで薪さんの未来は分かっているわけですから、見ている側も「第九」編以上に辛い思いをすることはないでしょう。
そういう意味でこの「第九」編を乗り切って、ここまで来れたことには私自身とてもホッとしているし、満足もしています。
ですから今、思った以上に清々しい気持ちでいます。



今までのブログ生活を一言で言うと「家に居ながら旅をしている感じ」でした。
ネット上で遠くに住んでいる人と出会い、話をする感じは「外」に向かう旅のようだったし、考察や感想を書く際に深くキャラの気持ちを想像する感じ、「秘密」の世界のことを考える感じは自分の内側を旅しているような感覚がありました。

それによって色んな方と知り合うことができましたし、また今まで特に気にすることも無かった自分の思考、感性がどういうものなのか、改めて知ることもできた気がします。

「自分の感性を知る」ことによって気づかされたということもありますが、「薪さんの幸せ」とか「あおまきの恋愛成就」を願う方が多い「秘密ブログ」と呼ばれるブログの中で、私はかなり異質であったと思います。
「ストーリーが素晴らしかったら悲劇も厭わない」と思っていましたし、私の「美しい」とか「面白い」とか思う感覚はちょっと他の人と違っているのかな?と感じることが多かった気がします。

そういうわけで正直「私、ここにいていいのかしら?」と感じながらのブログ生活でしたが、そんな私とリンクし続けて下さっていた方々、そして見に来てくださっていた方々にはとても感謝しています。

特に拍手、コメントにはとても励まされ、ここまで続けることができたのも拍手、コメントをしてくださった方々のおかげと言っても過言ではありませんし、ずっとメル友でいてくれた方もとても支えになりました!
ありがとうございました(^^)

そしてまた「秘密」という作品に並々ならぬ期待を抱いてみていたために余計な口もいっぱい出しましたし、失礼なことにキャラで思いっきり遊んだりもいたしました。
清水先生を始め、関係者の皆様には勝手にネタにして大変申し訳なく思うと同時に感謝しております。

「秘密」の「死者の脳を見る」という設定は他に類を見ない斬新なものだと思うんですよね。
初めて読んだ時の衝撃は忘れられません!

上にも書いた通りこれからは過去編(?)ということで事件が中心となるそうですが、鈴木さんや貝沼の心の謎も解けたりするのかしら?とちょっと期待しています。

これからもその設定を存分に生かしたすばらしい作品が見られることを期待しています。
そして私はそれを新たな気持ちで見ていきたいと思います(^^)

上に「旅をしているみたいだった」と書いたけれど、今の気持ちは「これから家に帰る」っていう気分でもないですね・・・(笑)
やっぱり新しい旅に出るような・・・、そんな気分です(^^)

時々、戻ってきてウロウロしているかもしれませんが、その時はよろしくお願いします!



ではそろそろ行こうと思います!



皆様、
長い間どうもありがとうございましたm(__)m





蛇足ではありますが(笑)、皆様に何もお礼が出来なかったので私が個人的に好きな曲をリンクしておきました。
「悲しみ」→「狂喜」→「再生」へと向かう薪さんのようだな・・・と勝手に思っている曲であります。
7分もかかる曲ですが、お暇があれば聴いてみてください。

サカナクション「目が明く藍色」こちらです。



※このサイトは「残してほしい」というありがたいお言葉がありましたので、年内いっぱいはこのまま放置させていただきます。
その後管理人に不都合が生じるときには、予告なく消去する場合もありますのでご了承ください。







スポンサーサイト

「片想い」を読んで考えたこと

感想の途中ですが、最近活字を読んでいなかったので図書館から本を借りてきました。
タイトルに惹かれて内容も知らずに手に取った「片想い」(東野圭吾著)という本だったのですが、これが薪さん、雪子さん、青木のことを考察していた私にはタイムリーというか、何というか(余計混乱した気がしますが)、トランスジェンダーの問題を題材としたミステリーでした。

続きを読む

メロディ発売日前日(拍手レスあり)

珍しく更新連打してます(笑)

こちらもやっと昨日から桜が咲き始め・・・と思ったら、今日の陽気で一気に満開(?)位まで咲いてしまいました。
ようやく春本番です♪

そして明日はメロディ発売日!
この2か月間のほとんど「秘密」と離れて過ごしていたので、感想を書いたことでやっとこっちの世界に戻ってきたような・・・そんな感じです。

本編ばっかり見て感想を書いていましたが、予告を見たら次号が「第九」編のクライマックスなんですね!
てっきり「エピローグ」だとばかり思ってましたが、「クライマックス」ってことは「好きです」以上の衝撃が!?
それって私が付いていけるレベルの衝撃でしょうか?
あぁ~、不安・・・。

そして続きに期待していること、不安なこと、感想に色々書きましたが、これで「第九」編が終わっちゃうということは「第九」の皆さんとはこれでお別れになるのかな?
そして主人公は薪さんのまま?
それとも変わっちゃうのかな?
そうなったらすごく寂しいだろうな・・・。

何もかも読んでみないことには分からない訳で、今はただドキドキです・・・。






では、以下鍵拍手コメのお返事です。





4/26 鍵拍手コメントを下さった方へ

最終回、どんなシーンから始まるのか全く予想できませんね。
このコメントを頂いて、そういえば予告を見てなかったことを思い出し見てみました。
エピローグになるのでしょうから、事件の補足もちょっとはあるのかも・・・と思ってましたがどうでしょうね?
滝沢と警備局長のことは私ももっと知りたいな・・・って思いましたよ!
ハシムの人生はとても辛いもので可哀想だったけれど、「彼の思いは報われたけど、そのせいで薪さんが・・・(TT)」という思いも捨てきれません・・・。
次号、薪さんと青木の関係があの一件でどうなるのか、薪さんに処分があるのか・・・。
色々気になりますがとりあえず動物園・・・。
混雑すると思うけど頑張ります(^^;)
コメントありがとうございました!



メロディ4月号「秘密 END GAME ACT.9」感想~その1

ご無沙汰しております!
年度末、年度初めを、子供絡みのことで色々と忙しく過ごしておりました。

家族の将来について色々と悩むこともあり、トラブルもあり(^^;)
ここで全部ぶちまけてスッキリするのも手かもしれないですが、どれも特殊な事態で知っている人が読んだら私だとバレてしまいそうなので止めておきます(笑)

自分の現実のことで頭がいっぱいだったのでほぼネットは見ていなかったし、「秘密」のことを考えてる余裕も無かったのですが、先週の終わりくらいに小学校に入学した娘の給食が始まり、午後に帰ってくるようになってやっと「あれ?今私一息つけてる・・・」という時間ができました。

そういうわけでそろそろ感想を・・・と思ったけれど、出てくるのが本当に遅くなってしまいましたね。
もうメロディ発売まで10日切ってしまっている・・・(^^;)

時間もないのでさっさと感想行きますね!






以下ネタバレ!

今回ちょっと辛口かも・・・。
それでもいいと思われる方はどうぞ!






続きを読む

近況と拍手レス

先週は文化庁メディア芸術祭の贈呈式がありましたね。
遅くなりましたが、清水先生受賞おめでとうございました(^^)

清水先生の読書会などもあり、ファンの皆様は盛り上がっていたことと思いますが、私は感想を書いた後しばらくネット落ちしておりました。

特に先週一週間は短い期間の中でものすごく大事なことを決断しなければならなくて、文化庁メディア芸術祭のことも完全に頭からすっ飛んでいた・・・というのが本当のところです。
さっき他のブログさん達を見て、つくづく「私、ファン失格だなぁ~」って思いましたよ・・・。

かつて自分の人生の中でこれほど悩んだことがあったかというほど悩んで・・・、でも前向きな形で考えて一つの決断を下したところですが、今年はまだまだ課題がいっぱいです。

今年は色んな意味で「決断の年」になりそうな予感。
家族の転機・・・、特に子供の人生が私の決断で大きく変わってしまうかもしれない・・・。

そんなプレッシャーがあるのも事実だけれど、自分を信じて前へ進まなくっちゃね!



・・・と、まぁ、こんな感じで最近気づくとリアルなことばかり考えてしまうのですが、もう明日はメロディ発売日なんですよね~!

「あと2回」ということは、次回で事件の方は大体の片が付く・・・と思っていいのかしら・・・?

「薪さんは絶対大丈夫!」って思っていたけど、清水先生の「読書会」での発言を見てちょっと不安になってきた私(^^;)

実は泣ける漫画は嫌いじゃなくて、むしろ好きです。
でも「秘密」で泣くなら「悲しさ」じゃなく「感動」で泣きたいものだなぁ・・・。
そう思ってます。

一体どんな展開が待っているのか?
「不安」とか言ったけど、私の場合は不安より続きが読みたい気持ちの方がまだ勝っているので楽しみです。

では運命の日に!







以下、拍手レスです。






続きを読む

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。