スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ12月号「秘密」の感想

他の「秘密」ブログさんも感想あげていることですし、そろそろ日本全国にメロディ12月号が行き渡るころかなぁとい思いまして、私も感想を書きました。

完全ネタばれですので、未読の方はご注意ください。

続きを読む

スポンサーサイト

「今日」という日

今日はメロディの発売日・・・
私はこの日を首を長ーく、長ーくして待っておりました。

私は朝3時に起きてブログの記事の打ち込みを始めました。「もう少し、もう少し」と言いながらなかなかできなかった今井さんの記事です・・・。
メロディ発売前に更新したかったのですが、時間が思うようにとれず結局間に合いませんでした。
でも、いつでも更新できるようにしておいて、新しいメロディの話題が落ち着いた頃に出そうと仕上げました。

そして数時間後、炊飯器からご飯が炊きあがった音が・・・
「そうだ、そろそろ朝食の準備を始めなければ」
そう思いながらキッチンへ向かい、何気なく炊飯器の蓋を開けたら

ガーン( ̄□  ̄ ;)!!
ご、ご飯が入ってない!!!

そう、夕べ「今井さんの記事」のことと「メロディ発売」のことばかり考えていて、米を研いでセットするのを忘れていたのです!
もーっ!浮き足立つにもほどがあるっっ!!
アワアワしながらも、まだギリギリで間に合う時間だったので急いで研いで炊飯し、なんとか朝食には間に合わせました。

その後、何人かの「秘密」ブログさんにコメントを出したあと「洗濯物を干したら、メロディ買いに行くぞ!」と思って洗濯機を開けたら・・・、何かのポケットにティッシュが入っていたらしく、洗濯物がティッシュの繊維だらけ!

ああぁぁーっっ!!
こんなときにーっ!!


もう、いいやっっ!!
もはやメロディしか頭にない私は適当にティッシュを払ってさっさと干し、娘を連れて書店へ・・・

書店にいくとありました、ありました、メロディ12月号!
それを胸に抱いたのはいいけれど、娘が絵本コーナーから離れないのです。いつものことなので予想はつきましたが・・・。
というわけで、私は音が出る絵本の「見本」に夢中の娘の横でメロディ12月号の「秘密」を読み始めました・・・。

ま、薪さん、
やっぱり君は、なんて麗しいんだ・・・(//▽//)


書店で顔を不気味にゆるませながら立ち読みする女・・・
店員さんも、他の客も、さぞ気持ち悪かったことでしょう・・・。

結局書店で「秘密」は一通り読んでしまったのですが、もちろんその後メロディを購入して帰宅しました!

私の半日・・・、こんなんでした。
すいません・・・、主婦として、母としてなってませんね・・・

薪さん!
こんな私を叱ってくださいっ!!

(↑まずは自分の旦那に叱ってもらうべき・・・)

今月号の感想は語りたいけれど、まだ読んでいない方もいらっしゃるでしょうし、発売日にすぐネタバレさせるのもどうかと思いますので、もう少し控えさせていただきたいと思います。

でも、これはバラしてもあんまり関係ないだろうと思って言っちゃいます。
「お便り待ってます」の清水先生のコメントに「ムダな設定に「第九」で一番モテる男は今井とありますが、そんな呑気なエピソードを描く機会は今後なさそうなのでここに・・・」とのお言葉がっっ!

ええっ?
なんてタイムリーなっっ!              
もしかして、清水先生っ!
私のブログ見てるんですか
Σ( ̄□  ̄ )!!

(↑ない、ない、ない、ない・・・)

でもこんな「神の声」にも似た「清水先生のお言葉」があったので、今月号メロディの話題が冷める前でも「今井さん」載せようかなと思います!
もちろん、これからこの新しい今井さん情報を追加して!
ではまた近いうちに・・・






















「岡部×薪バトン」

『秘密 トップ・シークレット』考察 : 【岡部×薪バトン】
原麻 めぐみさんからいただきました♪

■初めて読んだ『秘密』は?

コミックス1巻から4巻まで一気に読みました

■『秘密』のどの話が好き?

「2001」薪さんと青木の原点なので好き
「2002」はストーリーが好きだし、薪さんと青木の親密度が高いという意味で「2003」も好きです
あとは初めて薪さんが自分の目線でその苦悩を語った「特別編」

■あなたは『メロディ』派? コミックス派?

コミックスを読んで強烈にハマってすぐに、メロディ派に・・・

■『秘密』以外の清水玲子作品、何を既読?

「輝夜姫」「月の子」「竜の眠る星」「22XX」

■あなたの『秘密』推奨カップリングは?

現状で薪さんを一番理解しているのは岡部さんだとは思うけど、「青木×薪」があきらめられない!
やっぱり「青木×薪」で!

■薪さんの萌えポイントは?

時折見せる脆さや儚げな表情

■薪さんの好きなところは?

小柄で華奢な体と可愛らしく美しいお顔とあふれんばかりの色気。
聡明で仕事ができて、意志が強くて厳しくて、でもその反面脆くて弱くて儚げで、そして優しさもあって・・・
とあげるときりがないのですが、その二面性というか、複雑な多面性がいいのかなぁ・・・ ?
もっと素顔を知りたいという欲求をかきたてられます。

■岡部さんの好きなところは?

温かい人柄! 本当にいい人だ!

■好きな薪さんのカラーページは?

3巻「2005」タイトルページ・・・青いバラの中に眠る薪さんと青木。薪さんは青木を思いながら眠っているのだろうなぁと勝手に想像してしまう・・・。美しい~!
4巻表紙 ・・・赤いテープに絡まった薪さんと青木。色のコントラストと珍しい構図がいい。横たわっているのであろう薪さんの表情も色っぽい!
4巻「2007」タイトルページ・・・舞飛ぶ蝶の中の薪さんと青木。色とりどりのリアルな蝶々が美しく、
その中に淡く描かれた二人も綺麗!「秘密」のミステリアスな雰囲気が出ていると思う。

■岡部×薪な好きなコマは?

メロディ10月号・・・火傷した手を握り締める薪さんを「感覚ニブイんかなこの人」と冷や汗しながら見てる岡部さん

■岡部×薪な好きなシーンは?

3巻・・・夜の病院廃墟に放置され絶叫する岡部さんと、それに気づかず(?)青木とイチャイチャする(←あれっ?違った?)薪さん
メロディ10月号・・・ラストシーン

■岡部×薪な好きなセリフは?

メロディ10月号・・・「もう敬語はやめて下さいよ!! 図体でかくても年上でも俺は「部下」なんですから…これからずっと」

■岡部×薪を自由に語って下さい。

「A PIECE OF ILLUSION」を読んでから、岡部さんが何があっても薪さんに従順についていくのは薪さんの「第九」室長としての資質を高く評価しているからということと、鈴木さんの事件後の薪さんの様子やその他もろもろの事情を知ったことで彼の苦悩や複雑な立場を理解できているからなのかなと確認できました。
岡部さんは何も求めず薪さんを守り、何気なく薪さんの欠けている部分をフォローしながら、いつか薪さんが心を開いてくれる日を静かに待っているような気がします。
一方の薪さんも表には出さないけれど、岡部には深く感謝していると思う。
「でも、ごめんね。心が開けなくて・・・」
とか思っているのかも・・・

■薪さんは岡部さんをどう思っているか語って下さい。

一番頼りになり信頼できる部下
「でも、気軽に家には上げないよ!」ってな感じ(笑)


■岡部さんは薪さんをどう思っているか語って下さい。

人間的に完璧ではないながらも深く尊敬できる上司であり人間。
だから薪さんの「第九」室長という立場を守りたいし、彼の弱い部分を支えてやりたいと思っている。
そしてできればもっと心を通わせて部下以上の存在になれたら・・・と思っているのでは・・・

■岡部×薪で見たいシチュエーションを妄想してください。

「ありがとう、岡部・・・。本当はいつも感謝してたんだ。お前がいなかったら「第九」の室長なんて続けて来れなかったかも知れない・・・」
岡部の顔をまっすぐに見ることができず、視線を斜めに落として言う薪さん。
「 ま、薪さん・・・」
岡部、赤面もしくは号泣?

いつか薪さんには岡部に素直に感謝を伝えてあげてほしいなぁと思います!
きっと岡部は喜ぶよ!

■『秘密』はテーマと萌え、どっちが重要?

やっぱりテーマ!テーマあってこそだと思います

■薪さんを救えるのは誰?

薪さん自身

■最後に『秘密』について語って下さい。

ブログを立ち上げようという決心までさせた作品。
こんなに好きになった作品は未だかつてなかったし、薪さんほど愛したキャラクターも今までいなかった。
このような作品に出会えて幸せだと思います!

■終えて一言。

結構悩んで時間もかかりましたが、楽しかったです。
原麻 めぐみさんもおっしゃってましたが、「A PIECE OF ILLUSION」を読んでからで良かったです。
自分の考えの再確認にもなりました。

■次に回す人を言って下さい。

ともさん…やってましたっけ?まだでしたら、お時間のある時に是非お願いします!



※原麻 めぐみさん、やり方教えてくださってありがとうございました。
おかげさまでできましたよ。やってみたら簡単でしたね・・・
本当にありがとうございました!

「秘密」の年表から読めること

主要キャラクター以外の「第九」メンバーの年齢を検証しようとして整理したら、こんな年表かできました。

年月      できごと
(薪年齢)   (「第九」職員に関わることは色つき)

2056年    ・薪「警察庁」入庁
(30)      ・ 「第九」発足                                           
2057年    ・薪と貝沼出会う
(31)
2058年                        
(32) 
2059年    ・貝沼逮捕、自殺          
(33)  8月  (薪、鈴木以外の「第九」職員死亡、入院)
         ・鈴木死亡
        ・「コンビニ刺殺事件」
        ・岡部、曽我、小池「第九」に配属

         (今井、宇野「第九」に配属)

2060年1月   「少年同日自殺事件」
(34)      ・青木「第九」配属
     8月  ・天地「第九」配属
    11月   「渋谷連続少女殺人事件」
          ・天地死亡

2061年1月   ・青木父死去
(35)       「露口死刑囚特捜及び絹子事件」  
     8月   「チャッピー殺人事件」   
    11月   「薬剤師刺殺事件」            
          「私鉄沿線連続殺人事件」 
          ・青木姪誕生
 
2062年?月   「死蝋化死体発見」       
(36)       「岡部編」
                           
※年表の( )内は私の予想を入れております。
 また事件の名称も私が勝手につけましたが、分かっていただけるかと思います。

 薪さんの年齢に関しては「死蝋化死体発見」時に35歳のようですが、あの事件は2062年の春以前のことと思われ、誕生日はこれからという予想で「2062年で36歳」と固定して逆算していきました。
 (ちなみに青木は薪さんより12歳年下なので「薪さん2062年で35歳」で計算すると、21歳で「第九」入りしているということになり、四年制大卒者の年齢にならない。
 「2062年で36歳」が妥当では・・・と思われます。)

 この年表から、薪さんは30歳で警察庁入庁、そして同時期に「第九」が発足。
 青木が一巻で「どんなエリートでも警視正は30歳以上」と言っていましたが、薪さんは多分最短で警視正まで昇格し、「第九」の室長になるべくして警察庁に入庁したということなのでしょうね。

 そしてこの年表から無理やり主要キャラ以外の「第九」メンバーの年齢を推定してみます。

 「第九」発足時の広報誌(薪さんの笑顔の写真付き)がありましたね。あれを警察庁内部の広報誌と考えるとすると、持っていた今井さんは2056年には入庁済み。
 知らなかった他のメンバーはまだ入庁していなかったということになります。
 
 2062年を現在とし、「第九」メンバー全員「入試や国家公務員Ⅰ種試験をストレートで通っているキャリア組、研修期間後すぐ入庁」と仮定すると、2056年以前入庁の今井さんは少なくとも28歳以上ということになります。

 そして小池さん、曽我さんは2057年以降に入庁、そして2059年には「第九」に配属になっているので、25歳以上27歳以下、 宇野さんは27歳以下・・・

どうでしょうか?
普段使わない頭を使ったので混乱しております。
間違いに気づいたら教えてください。後でコソッと直すので(笑)

次回の「今井さん編」に予想した年齢を載せたい一心でここまでやってしまいました。
次回は本当に「今井さん特集」で!





 




 

     
        

「秘密 2001」

「秘密 2001」の感想です。

ついに薪さんの登場!
というわけで、薪さん寄りの私が書く感想ですから、どんどん斜めに傾いていきそうな気配がいたします・・・
それでもよろしければどうぞ!

※イラストも忘れてません!
 描いてます!でも気に入らなくて最初から描き直してます・・・
 もう少しお待ちください、すいません・・・
 
 


続きを読む

「秘密 1999」の感想

自分のブログを読み返していつも思うこと
なんて内容が無いんだ・・・
そして、私がいつも心苦しく思っていたこと
感想全然書いてない・・・
ということで、一念発起して駄文ですが感想を書く決意をしました。

まずは「秘密 1999」からです。

続きを読む

「すこいぞ、薪さん・・・」

一時間ほど前に起きたくだらない個人的な出来事なのですが、私的にあまりにもおかしかったので書きました。

興味のある方はどうぞ!

続きを読む

ほろ酔い薪さん

「第九忘年会」絵とともに描き進めていた「ほろ酔い薪さん」です!

ぶっちゃけ自分の「萌え」のためだけに描いた一枚でございますっ!
ほろ酔い薪さん

こんな色っぽい顔で
「僕、酔ったみたい・・・」

な~んて言われたら・・・
「第九」
お持ち帰り希望者続出必至っっ!!
の予感が・・・?


ツンデレ薪さんとそれにメロメロ(?)な楽しい「第九」の仲間達が本編でもまた見たいなぁ・・・


私はいつもアナログで全てのイラストを描いていたのですが、今回手書きと写真編集のソフト(ずっと使ってなかったのがあったのを思い出し・・・)組み合わせて仕上げました。
Vista内蔵のお絵描きソフトより断然仕えて、「うわぁー、色塗りが一瞬だぁー!」と感動!
やっぱりマウスでお絵かきは難しいので、細部にこだわりたいときは手で塗るしかないんだけど、それでも仕事がはかどりそうです!
あぁ~、なんで今まで使おうと思わなかったんだろう・・・


追記
夜子さんの月詩Blogとリンクさせていただきました。
夜子さんのサイトは、今までパソコンさえろくに触ってなかった私がネットの世界に足を踏み入れたきっかけでもあったので、すごくうれしいです!
これからもよろしくお願いします!

そしてリンクしてくださってる皆さん、私、未だにパソコンのお絵描きって何があればできるの?
とか「プラグイン?」「ソース?」
はぁ・・・?とかいうレベルでやってます(笑)
この「バカの壁」をどこまで壊していけるか、自分でも楽しみなのですが、皆さんいろいろ教えてくださいね!



















「第九」飲み会

大変お待たせいたしました!(えっ?待ってない?)
コハルビヨリさんよりキリリクいただきました「第九の忘年会」イラストです!

飲み会1
飲まない、酔わない、
そして青木は離さない薪さん!

飲み会2
そしてシラフの薪さんを迷惑がる者と、
あまり気にしない面々・・・


こんな感じで描いてみました・・・、がなんだか激しく後悔しております!
所詮、私の画力じゃこの程度・・・、「料理がほとんどないじゃん!」とかいうつっこみは無しでお願いします(笑)
そして
す、すいません、田城さん!
今日見た「秘密」アニメで上司らしい姿を見て「はっ!この人偉い人だったんだっけ?」
と思ったけど、描きなおす気力はありませんでした・・・。
苦情が出たら引っ込めますので・・・

普段描かないキャラを描くのはやっぱり難しいのですが、また年末に向けて別バージョンのもっとまともな絵が描けるといいなと思っております。
特にコハルビヨリさんのところでも話題に上がっていた宇野さん!
今回は後姿で、しかも切れちゃったので次回はしっかりと描いてあげようと心に決めています!

今さらアニメ・・・

今頃になって「秘密」のアニメをみております。

ようやく、第13話「来訪者(後編)」まで見終わりました。
いろんな方が感想を書いているので、あえて書きません(←怠惰かな・・・?)
ほとんど同じ感想だからです。

特に「来訪者」は原作でも重要な部分となっているので、どんな作りになっているのかと興味がありましたが、やはり細かいところでいろいろつっこみたくなるところがありましたねぇ・・・

原作にはやっぱり及びません・・・

唯一すごいと思ったのは貝沼を演じた声優さんでしたね。
話には聞いてましたが、本当に鳥肌が立ちました。
あの声優さんはNHK教育テレビで、うちの娘が大好きな某キャラクターを演じている方なのですが、
全然違う雰囲気に圧倒されました。
声優さんってすごいんだなーと改めて感心です!

・・・と、話と全然関係ないところで感動してしまったわけですが、皆さんから指摘があったように薪さんのお顔が最初よりも断然可愛くなっているので、それを救いにとりあえず最後まで見てみようと思っています。
もちろん原作とは別物として・・・です。

最後まで見終わったら、総括の感想を書こうと思っております。

300hitありがとうございます!

薪
300hit
ありがとうございます!


早速コハルビヨリ様より「第九の忘年会」のリクエストいただいていますのでがんばって描きたいと思います。
・・・が、これが結構難しいんですよね~。
どんなシチュエーションが見たいかリクエストがあれば参考にしたいので、教えてくださいね。

話は変わって・・・、このブログを始めてはや半月・・・
私、ブログを始めて改めて気づいたことがあります。

私は長文が苦手・・・、あらすじとか感想とかをうまくまとめることができません。
ブロガーとして致命的っ!

この間、2時間かけてできた長文の感想を操作ミスで一瞬で消してしまいました・・・。
そのときに思いましたね、
これは長文を書くなという神の啓示か?
それから、私は無理せずに自分なりの方法で「秘密」や「薪さん」への愛を語っていけたらと思い、その方法を模索しています。(その他にも語りたいことはあるのですが余力がありません・・・)

文章も下手、イラストも趣味の域を出ない、そしてPCも使いこなせてない・・・。全てが試行錯誤中で、お見苦しい点が多いとは思いますが、こんな私のブログを見に来てくれる皆様
本当に感謝しております!
私が一番気に入ってる薪さんのイラストを皆様に・・・


※300hit踏んだ昨日に更新したかったのですが、エラー出て送れませんでした。遅くなりすいません・・・

「小池さん」の巻

小池1
というわけで小池さんです。
よく薪さんのことをなんやかんやと喋っている小池さんですが、私は結構彼が好きです。そして、そこにgoodな(badな・・・?)タイミングで現れる薪さんもさすがです(笑)

私は小池さんの不用意な言動から見て、歳が若く「第九」にも後の方に入った人だろうと勝手に思っていましたが、いたんですね。貝沼事件後、第2期とも言える「第九」の発足時には・・・。

「A PIECE OF ILLUSION」に小池さんが出たときは驚きました。
一緒に配属されたのが、岡部さんと曽我さん・・・。
この二人はイラッとする岡部さんを曽我さんがなだめるシーンなどがあるので、馴染んでる感じがあり「納得」ですが、小池さんもそうだったんですね~。

「A PIECE ~」での小池さんと曽我さんの対等なやりとりを見ていると、どうやら二人は同期のように見えますね。新人研修の後か、または他部署からの移動なのかははっきりしませんが「第九」に欠員が出たので、急きょ一週間だけMRIの操作を習った後にやってきたのでしょう。
メロディ10月号では「なんとかしないと室長が飛ばされる」と自ら捜査を進めようとするいじらしい姿も見せてくれました。
「悪口言ってるだけじゃなかったのね・・・」と涙が出そうでしたよ!

なんだかんだいって小池さんは薪さんの仕事への姿勢を尊敬していると思われます。でなければ、あの薪さんの下で3年ももちません(笑)
もちろん仲良くはないでしょうが、お互いよいところも認めつつ「あいつはああいう奴だから・・・」っていうあきらめに近い理解がありそうな気がします。

でも後が怖いのを知っていながら、懲りずに薪さんをネタにしてしまう小池さん。
Sっぽく見えて、実はMだったりしてと思ったりしてしまいます・・・

そして、最後に私がず~っと誰かに言いたくて仕方なかったくだらないことをここで言ってもいいでしょうか・・・?

小池2

この二人の髪型ほぼ同じっ!!
・・・失礼いたしました
ではまた!






「第九」っっ!

私「秘密」が好きです!
薪さんが好きです!
そして「第九」が大好きです!

ともすれば暗くなりがちな重いテーマを扱う「秘密」の中で、読者に「癒し」と「笑い」を与えてくれる「第九」のメンバー達は「秘密」を楽しく読める重要なポイントになっていると思います。

超強烈な個性を持つ室長「薪さん」の下で、彼に憧れ、畏れ、振り回されつつ、日夜激務をこなす「第九」のメンバー達・・・

五巻では薪さんのあまりのキレッぷりといじわるっぷりに皆が怯えるばかりで、いいところが一つも出せませんでしたね。
とても残念でした・・・

メロディ次号は12月号・・・
「「第九」の忘年会シーンがおまけに入らないかなぁ・・・」なんて期待してるのは私だけでしょうか?(青木と雪子さんの結婚式シーンとかはごめんです・・・)

それはさておき、主要のメンバー以外にも光を当ててあげよう!と今「小池さん」の絵を描いてます(笑)今まで描いたことのない人を描くのも楽しいものですね。


飢えてませんか?

薪さんの「幸せそうな顔」に飢えていませんか!薪と青木
というわけで描いてみました「薪さんと青木のイラスト」・・・
時間がなくて雑ですいません。相変わらず「淡い」です、私の絵って・・・。

よく「秘密」ファンの間では「○×○派」という話題が出ますが、あえて言うなら私は「薪×岡部」派だと思います。だって原作の今の状況で、薪さんを救えるのは岡部さんしか考えられないんじゃないかと思うからです。
でもこうして二人のイラストを描くと思ってしまう・・・

このカップリングって最強っ?!
この絵だと説得力ないかもしれませんが、小さくて可愛いのに美貌の中に冷たい感じが漂う薪さんと大きいのに優しくフンワリとした感じがある青木。
そして何といっても身長差が絶妙っっ!鈴木さんもいいのですが、青木の「メガネ」が「いい男ずぎ」になるのを抑えて、さらにお人よしな感じとかちょっとオトボケな感じを出して薪さんとの対比を強めているように思います。
「ジャックとエレナ」にも言えることですが、本当に絶妙なカップリング!さすが清水先生です。

いや、でもこんな風に思うのは私が心の奥では「薪×青木」を求めているからなのでしょうか?
だから最後に叫んでいいですか?

戻って来いっ!青木ーっっっ!!!

レンタルコミック店にて

私は週に一度はレンタルコミック店に足を運ぶのですが、そのときと゜うしてもチェックしてしまうのが「秘密」の動向であります!
その店には「秘密」は一巻につき3冊を置いているのですが、大抵1冊から2冊は借りられています。
巻によっては全冊借りられているときもあり、私は「読まれてる、読まれてる」とほくそ笑むのですが・・・

この間、新刊コーナーの「秘密」の五巻を横目でチェックしたところ、残りは一冊!
と、その棚の前に一人の女性が立ちました。年のころは50~60代でしょうか、私の母親位だと思われます。
「もしや・・・」
と思った次の瞬間、その女性は迷うことなく「秘密」五巻を手に取りカゴの中へ!
借りたのは五巻だけ・・・・・・ということは、

四巻までは既読ですか?お母さんっっ!

続きを読む

岡部さんについて

リクエストにお答えして岡部さん(+薪さん)を描いてみました。
岡部 マキ

別に本当の岡部さんがヅラっぽいといっているわけではなく、「私の描く岡部さんがヅラっぽい」ということです!
すいません・・・。下絵の段階ではかなりやばかったんですが、色をぬったら少しよくなった気もいたします。
せっかく岡部さんを描いたので、私の岡部観を書いてみました。

続きを読む

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。