スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ10月号「秘密」感想 (薪さんと青木について)

今日は言わずと知れた衆院選でしたね。(日付変わったけど・・・)
あおまきの将来を悩むばかりではなく、日本の未来のことも考えなくては!とちゃんと投票行ってきましたよ(^^)

それはさておき・・・

自分のあおまき的考察にはいつも矛盾が生じる・・・とずーっと悩んでいました。

答えを出そうと掘り下げてみても、余計ドツボにハマる・・・

でもメロディ10月号を読んでかなり浮上できた気がします。

気分が暗くなりそうな感じであれば、あおまきに触れない感想だけで済ませようと思っていたのですが、今回私は珍しくポジティブな見方しかできませんでした。

なので書くことにします。



以下ネタバレです!
メロディ10月号を見て、私がすごく嬉しかったのは「青木の薪さんへの想いが完全に証明された!」と思えたからだと思います。


今回の話の冒頭、自分で自分の「婚約祝い」の飲み会の会場を決めるため、パソコンで検索する青木とそれを見ている雪子さん・・・。
青木が雪子さんの話そっちのけで考えているのは薪さんの食の好みのことです。

過去に稲庭うどんを食べている姿を思い出したり、「ふぐの子」を食べてみたいと言っていたことを思い出したり・・・、青木はまだ一緒の飲み会に参加したことのない薪さんになんとか来てほしい気持ちでいっぱいのようでした。
(それが青木と雪子さんの「婚約祝い」ってとこが・・・^^;)

青木は普段あんなに薪さんの言動を見ているんですね。
そして青木ビシ゜ョンの薪さんの美しいこと・・・。

・・・で、ですね(^^;)

ここが問題なんですが、青木はついさっきまでそこで話をしていた雪子さんを「髪がサラサラ・・・」なだけで薪さんと間違えてしまう・・・。
ちょっと頭が悪いんじゃ・・・かなり薪さんを意識する気持ちが強いのではないかと思いました。

青木は雪子さんに薪さんと似た部分を感じて好きになったのではないか・・・と思っていたのですが・・・?
青木と雪子さんについては後で考察したいと思います(^^;)

やってきた飲み会当日・・・

青木は薪さんに祝福されて赤くなり、薪さんにうどんを赤くなりながら勧め、薪さんが実はふぐが食べたかったことを知り青くなる・・・。(忙しいな・・・、青木くん・・・)
そして自分が何一つ薪さんのプライベートを知らないことに気づきます。

更に薪さんの口から出た全国8管区に「第九」を配置するという計画に呆然とする青木・・・。
そして思います。

この人がどこに住んでいてもいい
誰を好きでもいい
もし結婚していても
子供がいたとしても
そんなことは全然関係ない
どうでもいい

朝、この人が必ず「第九」にいてさえくれたら
この人の下で一緒に捜査ができたら
同じ目的で一つのモニターを見続けられたら


と・・・
そして青木の目からは涙が・・・

これはもう「尊敬する上司」への想いじゃないですよね。
やはり青木はものすごく薪さんに惹かれていて、薪さんのことが色々知りたかったのではないでしょうか・・・。
でも、ずっと一緒に仕事をしていけるんだから、プライベートなど知らなくても大丈夫だと自分に言い聞かせて想いをごまかしてきた・・・。
あの言葉の意味を裏返すとこういうことなのではないでしょうか?

私は以前から薪さんの方こそが引用した部分のようなことを思って青木と仕事をしているのでは・・・と思っていました。
「第九」にいけば必ず青木がいて、青木とともに捜査ができて、同じ目的で一つのモニターを見ることができる。
薪さんは青木が自分のものにならないとしても、そこに幸せを得ながら仕事に打ち込んでいたんじゃないかと・・・。

だから青木が同じようなことを考えていたことを知り

青木ってこんなに薪さんのことが好きだったんだ!

と感動してしまって私も泣いてしまいました・・・。

青木は「上司」じゃなく、一人の人間として薪さんを必要としているのだと感じましたし、青木自身もやっとその自覚ができたのではないかと思います!

君たちはお互いに同じ思いでいるんだよ!
早く気づいて!


と声を大にして言いたくなりました!

その後、約束の相手に断りのメールを入れ、うなだれる青木に付き合う薪さん・・・。
(この相手が後に『爆弾』とならないことを願っているのですが・・・^^;)

今回は完全に青木目線の話となっているので、薪さんは晴れやかな顔で青木の婚約を祝い、「第九」全国8管区配置の計画をサバサバと語っていましたが、多分吹っ切れてはいないですよね・・・。

「このままのメンバーで薪さんの下で捜査できると思っていた」と泣く青木を見つめる薪さんの顔はとても辛そうで痛々しく見えました。

薪さんも「第九」の全国8管区への配置が現実的に動き始めたことで、もしかして「これで青木をあきらめることができる」と思ったかも知れないし、「青木と雪子さんが家庭を築いていく姿を見ないで済む」とホッとしたかもしれない・・・。

でも青木に「ずっと薪さんの下で捜査できると思っていた」なんて泣かれたら、やはり思いは引き戻されると思います・・・。

そして青木の方も薪さんのおごってくれたコーヒーを飲みながら、ただただプライベートの薪さんを意識しています。

いつか「第九」が解体され薪さんと離れなくてはならない日が来ると知った今、そして薪さんが「自分の失いたくない大切な人」だと気づいた今、青木は薪さんとプライベートでの接点を持ちたいと思い始めているように感じました。

私は「あおまきすと」を名乗っていいのかどうか迷っている身でありますが、あおまきすと的に見てもこれははっきり言って『好機』だと思います!

「第九」を全国8管区に配置するというのは今すぐできることではないと思います。
曽我や小池や青木が「室長」ってまだ無理じゃないですか?(←酷っ・・・)
(それに「室長」って警視正クラスの人がなるんじゃなかったでしたっけ?)
これから「第九」にやってくる新人が一人前になるのにも数年かかると思いますし・・・。

薪さんと青木の気持ちはもう同じな訳だし(←私はそう思ってます^^;)、その数年の間に心を通わせ絆を深め、お互い同じ気持ちであることが分かりあえたら、距離だとか青木の婚約だとか結婚だとか全て超えられる!
・・・かも知れないと思っています。

きっと二人の想いは通じ合うと信じています!



「薪さんと青木に結ばれてほしい」とは未だ言い切れない私なのですが、薪さんと青木が上司と部下ではなく、人間としてお互いがお互いを必要としているということを感じるとこんなにも嬉しいんだな・・・って再確認しました・・・。






































































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。