スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ6月号「秘密」トップシークレット2010~最後の晩餐  The Last Supper プロローグ~

連休も終わり、家に帰ってきました。
毎年恒例なんですが連休中は必ず家族の誰かが体調を崩すのですが、今年は連休中にどこからもらってきたのか家族皆風邪をひいてしまいました・・・。
季節の変わり目だから仕方ないのかな?
でももうすでに家族皆回復に向かっているみたい。
早い所完治したいです!

昨日、おとといと車で一時間半位かかるところに用事があって行ってきました。
車の運転は大好きなのでCDいっぱい仕入れて楽しくドライブ気分で行ってきました!

ところで「Evanescence」は見つかって聞いているのですが、「Secret Garden」の「White Stones」は探せませんでした・・・。
何のジャンルで探せばいいのかな?良く分からない・・・(^^;)

ちなみに今「Evanescence」の他に「東京事変」とか「サカナクション」とか聴いてます。
特に今回初めてじっくり聴いた「サカナクション」!すごくいいです!
「秘密」の感想書き終わったらオススメ記事書こうかな~と思う位(笑)


・・・と音楽の話はこの辺にしまして、そろそろ感想いきます!





メロディ6月号「秘密」トップシークレット2010
~最後の晩餐 The Last Supper プロローグ~の感想



まず表紙から・・・
今回は薔薇をバックに膝を抱える薪さんです!

少年っぽい表情とポーズ・・・。
何となく晶っぽいな~と思ったのは私だけでしょうか?
開いた胸元が色っぽいです(∥▽∥)

そしてバックの薔薇が美しいですね!
私も以前「薔薇と薪さん」の絵を描いたので「おっ!リンク?!」と勝手に喜んじゃいましたが(←きっと勘違いである^^;)、当然ながら画力が全く違う(笑)
薔薇も薪さんもとっても美しいです!

薔薇と言えば3巻のカラーの青い薔薇を思い出しますが、あの薔薇が「野生の薔薇」だとしたら、こちらの薔薇は真っすぐ上に向かって咲いているので「栽培された薔薇」って感じがする・・・。

私は以前3巻のカラーイラストに「青木を想いながら眠っている薪さん。でもその自分の想いを自分では自覚できていない・・・又はその想いを心の奥で眠らせている」というイメージを持っていると書きました。

対して6月号のイラストからは「自分の気持ちを自覚し、その上で自分の意思をしっかりと貫こうとしている」感じを受けました。
でもその一方で誰かの手を求めているようで寂し気でもありますね・・・。

これ、カラーで見たかったなぁ~。




そして本編なのですが・・・、今回どのように感想を書くか少し迷ったのですよね。
私はストーリーを追いながら感想をまとめるのが苦手なので、最近はテーマ別に語っていました。
でも今回は何となく・・・ですが、清水先生が時間の流れを意識させるような描き方をしている気がするのでストーリーの流れに沿って感想を書いていこうと思います。

ページを開くと血まみれの浴室・・・。
そして浴槽の中から伸びた女性の手。

最初に読んだときは

キターーーっっ!!!
久々の猟奇殺人か?


とワクワクしてしまいました(^^;)

何故かというと「秘密」は初期の頃は貝沼を始めとした普通の人間には理解しがたい感覚の人間による猟奇的な殺人事件が多かったのに、4巻以降は普通の人間が訳あって罪を犯してしまうケースが多くなった感じがしていたんです。
最近は殺人以外の事件も多かったですからね。

それはそれでストーリーの幅が広がって良かったと思うんですけど、個人的にはそろそろ薪さんをワクワクさせるような3巻並みの猟奇殺人事件とかが見たかったんですよね。
すいません、変態で・・・(^^;)

なので「浴室が血まみれ・・・」という状況を見たとき『変態』の仕業か?と喜んだのですが、前の記事で書いた通り最後まで読んでブルーになる結果となりました・・・。
それはまた後で(笑)


この浴室の状況と同時進行なのか・・・、それとも時間を交差させて描いているのか(それが大きな問題だ・・・)、青木とバスローブ姿の雪子さんが会話を交わしています。
ページを開いた瞬間、前のページとのあまりの差に脱力してしまいました・・・。

両親に雪子さんを紹介したいと言う青木とそれを躊躇う雪子さん。

仕事や年を気にする雪子さんがとても可愛いです(^^)
私も雪子さんと同年代の女性ですが、分かる気がしますね。
ちょうど自分の肌の張りとか体のラインとか色々なことが気になり始めるこの時期に(笑)、12歳も年下の男性と付き合う・・・ってものすごく躊躇われると思うのに、『結婚』となると彼だけじゃなく周りの色んな目が気になりますよね・・・。

洗顔途中の眼鏡を外し、髪を下ろした青木に見とれ、そしてその姿に鈴木さんを思い出しうろたえる雪子さんもまた愛らしい。

このシーンを見て、今まで雪子さんが青木を「鈴木さんの変わり」として見ていたことは無かったんだな・・・って思いました。
雪子さんが結婚を決意したのは「青木が鈴木さんと似ているから」ではなく、「『青木』という人間の懐の深さに自分をゆだねてみようと思ったから」なのでしょうね。

そして青木は言うことも鈴木さんに似ているらしい・・・。
生前鈴木さんが言ったのと同じ「雪子さんなら大丈夫!絶対気に入ります!」という言葉に激しく動揺する雪子さんから、今だ強く残る鈴木さんへの思いを見た気がして切なかったです。

雪子さんってやはり鈴木さんのことが好きだったんですね。
最愛の人を亡くする辛さを私はまだ知りません。
行き場が無い想いを抱えながら生きていくってどんなに辛いんでしょう。
私はやはり雪子さんもすごく可哀そうな人だと思うのですよね・・・。

でも鈴木さんのセリフの中に薪さんの名前が出てくるところがまた私を悩ませるんだけど・・・。
「雪子さんは鈴木さんが好きだった!」でいいんですよね・・・?
やっぱり薪さんも気になっているということ?

洗面所のドアを閉めた青木ですが、鈴木さんの名前を呼ぶ雪子さんの声が聞こえているように思えました。
聞こえなかったにしても、雪子さんが眼鏡を外した自分に鈴木さんの姿を重ねたことには気づいていたでしょうね。
「Copy Cat」の件以降、鈴木さんのことは強く意識していると思いますし・・・。
だからこそ慌ててドアを閉めたような・・・、そういう風に見えました。

私は青木が嫉妬というものを感じないようなので「雪子さんのことを本当に好きな訳ではないのでは・・・?」などと思っていました。
でもドアノブに手をかけたままの青木の表情から複雑な感情があるような感じを受けました。
それは例えば「鈴木さんへの嫉妬」なのかなぁ・・・?

水道の蛇口をめいっぱい開いて流し続けている描写は、モヤモヤした感情を水と一緒に流してしまいたいと思っている青木の気持ちのように思えました。

今回『水』が心理描写の一つの手段として効果的に使われている感じがします。

それにしても、ここはホテルの一室なんでしょうか?
二人の会話のやりとりからして慣れているっぽい・・・。
青木はしょっちゅうホテルからご出勤なんだろうか?とちょっとムッとしました。

そして青木と雪子さんは「婚約した!」とか言いながら、家族への紹介はまだだったんですね~。
職場で「婚約祝い」なんかしてもらっていたのでもう家族に紹介済みなものかと思っていました!
次は「結婚式」でショックを受けることになるんだろうな・・・と想像してた(笑)

普通
「プロポーズ」→「両親に報告・紹介」→「結納」→「職場に報告」→「結婚式」
じゃないんでしょうか?

自分が結婚するとき二人で結婚する意思を固めたものの、次にどうすればいいのか分からずゼクシィを見たらこの順番で書いてあったような・・・。

まぁ、ともかく青木と雪子さんが結婚式の前まで到達していると思っていただけに、

なぁ~んだ!結納も済ませてなかったんだ!

と安心してしまっためぐるなのでした(^^;)



短めですが、とりあえず今日はここまで!
ちゃんと読みかえしてないので誤字脱字があるかも(^^;)
急いでいてすみません・・・。
変なところがあったら後で直します~!










スポンサーサイト

テーマ : 少女漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

バンプス・・・?

めぐるさん、こんばんは。

>これ、カラーで見たかったなぁ~。

私はぬり絵かと思いました(^^; なんか、白バラのせいか、線が少ないし・・・。

>薪さんをワクワクさせるような3巻並みの猟奇殺人事件とか

そうですよね。最近、シリアスな事件とそうでもない事件のせいですっかり忘れていましたが、薪さんて、もともと、ホラーと犯罪が大っ好きなんですよね!!

でも、どうやら、それだけではないようで。ちょっと、残念でしたね。2010の最初の事件の後に、もう一つ普通の怖い事件で薪さんが大活躍するやつを入れてくれたら良かったですね。

>このシーンを見て、今まで雪子さんが青木を「鈴木さんの変わり」として見ていたことは無かったんだな・・・って思いました。

私も、そう思いました。
青木が鈴木に似ているのは、青木が悪いんです(?)


>でも鈴木さんのセリフの中に薪さんの名前が出てくるところがまた私を悩ませるんだけど・・・。

いや、鈴木が変なのではないかと・・・。 私はどっちがどっちを気に入るのか、分かりませんでした(@@; 未だに分かりません。もしかしたら、薪さんにも同じ事を言っていたのではないかと思ったり。 そんなことだから、勘違いしたまま死んでしまったんです! 
アホ鈴木~っ。

>それは例えば「鈴木さんへの嫉妬」なのかなぁ・・・?

ふむふむ。死んだ人には勝てませんからね。でも、それは覚悟のうちでしょう。プロポーズを承諾された時点では、もう、鈴木のことも分かっていたし。その上でなのですからねっ。

>なぁ~んだ!結納も済ませてなかったんだ!

すみませんっ。大きな文字になっていたので、大笑いしてしまいました。
でも、そーなんですよねー。どうして先に職場でお祝いしてもらっちゃったんだろうって。家には電話で報告くらいしていたのかと思ったら、今月号を見ると、そうでもなさそうな(^^;
青木のお母さん、結構年みたいですけど、雪子さんを見てひっくりかえらなきゃいいですけどね。

(↓あくまでも本題じゃない)
ところで、今日、Mステだったのですが、娘が「あれ、ハイドさんでてるよ」と言ってくれて、急遽録画をしてもらいました。それから新聞を見ると、「バンプス」 Vaだから、脳内カタカナはヴァなんですよ。バンプスなんて書かれてもパンプスにしか見えないっっっ。
娘と、金髪ハイドさんを見て「金髪にしたら老けて見えるね」と言いながら見ておりました(笑)

おじゃましました。

第九の部下Yさんへ

> めぐるさん、こんばんは。

こんばんは(^^)

> 私はぬり絵かと思いました(^^; なんか、白バラのせいか、線が少ないし・・・。

Yさんご自分の感想にも書いてましたよね。(すみません、読み逃げばっかで・・・)
うん、確かにすっきりしてましたよね!
でもきっとこれがカラーだったらバラとかすごく綺麗だっただろうな~と・・・。

> そうですよね。最近、シリアスな事件とそうでもない事件のせいですっかり忘れていましたが、薪さんて、もともと、ホラーと犯罪が大っ好きなんですよね!!

私もそう思います。
捜査を楽しんでいる感じしますよね!

> でも、どうやら、それだけではないようで。ちょっと、残念でしたね。2010の最初の事件の後に、もう一つ普通の怖い事件で薪さんが大活躍するやつを入れてくれたら良かったですね。

ええ、これがラストの事件になるとしたらちょっと残念ですよ・・・。
薪さんが張り切って捜査できる事件が見たかったなぁ。

> 私も、そう思いました。
> 青木が鈴木に似ているのは、青木が悪いんです(?)

その通りです(笑)

> いや、鈴木が変なのではないかと・・・。 私はどっちがどっちを気に入るのか、分かりませんでした(@@; 未だに分かりません。もしかしたら、薪さんにも同じ事を言っていたのではないかと思ったり。 そんなことだから、勘違いしたまま死んでしまったんです! 
> アホ鈴木~っ。

そうか、あんまり悩む必要は無いのか・・・?
確かに鈴木さんはちょっと変です(?)
薪さんにも同じことを言ってたかも・・・ってあり得ますね(笑)

> ふむふむ。死んだ人には勝てませんからね。でも、それは覚悟のうちでしょう。プロポーズを承諾された時点では、もう、鈴木のことも分かっていたし。その上でなのですからねっ。

そうなんですよね!
青木は雪子さんが自分を愛してないことを知りつつプロポーズしてるわけですから、辛くても鈴木さんを思っている雪子さんを受け入れていかなくてはならないのですよね・・・。
自業自得というか、何というか・・・。
もう少し考えてからにしたら良かったのに・・・。

> すみませんっ。大きな文字になっていたので、大笑いしてしまいました。
> でも、そーなんですよねー。どうして先に職場でお祝いしてもらっちゃったんだろうって。家には電話で報告くらいしていたのかと思ったら、今月号を見ると、そうでもなさそうな(^^;

でしょ、でしょう?
親より先に職場に報告って・・・、薪さんは親以上の存在だったんでしょうか(笑)
薪さんと雪子さんの間に色々事情があったから・・・というのもあるのでしょうが、それにしても(^^;)

> 青木のお母さん、結構年みたいですけど、雪子さんを見てひっくりかえらなきゃいいですけどね。

そういえば年配で古風な感じの方でしたね・・・。
思いっきり反対されて結婚できなかったりして(笑)
そうなったら青木は余計燃えそうですけどね(^^;)

> (↓あくまでも本題じゃない)
> ところで、今日、Mステだったのですが、娘が「あれ、ハイドさんでてるよ」と言ってくれて、急遽録画をしてもらいました。それから新聞を見ると、「バンプス」 Vaだから、脳内カタカナはヴァなんですよ。バンプスなんて書かれてもパンプスにしか見えないっっっ。

私は前もってチェック済みだったのでずーっと楽しみに待ってましたよ!
私は深く考えず「パンプス」って言ってました(^^;)

> 娘と、金髪ハイドさんを見て「金髪にしたら老けて見えるね」と言いながら見ておりました(笑)

確かに・・・(笑)
私は彼が若い時から金髪より黒髪の方が似合うのに・・・って思ってました!
黒髪もしくは茶髪に戻してくれないかなぁ。
やっぱり年も年ですから「最近、老けたな~」って思うこと多いですよ(^^;)
でも歌っている姿はやっぱりカッコいいです(^^)

>
> おじゃましました。
プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。