スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の話

先日、旦那がこんな本を買ってきました。



ご存じ猿岩石ブームで一躍有名人となった後に転落・・・。
地獄を見た後「毒舌」「あだ名」で再ブレイク(?)を果たした有吉弘行さんの本「お前なんかもう死んでいる」であります。

こんな本を買ってくるなんて、旦那はよっぽど有吉さんが好きだったんだなぁ・・・?

この本を読み終わって彼が一言、
「俺は共感できる所があるな・・・」
と言ったので、私も読んでみました。



私には共感できませんでした。
それどころか読んでいて哀しくなってきましたね・・・。

この本は月収二千万から給料ゼロのどん底生活に陥り、それをあらゆる手段で乗り切った有吉さんの体験と知恵と思考が語り口調で書かれています。
多分インタビューを構成した本なのでしょう。

月収二千万をもらっていた時期も「自分には実力がないからいずれ落ちる」という自覚があり、落ちたときのために備えていたという有吉さん。
そこは堅実だなぁ・・・と思ったのですが、「自分はダメだと思え」「自分へのご褒美とかいらない」「自分磨きに意味はない」「努力してもムダと思え」とか・・・。
ちょっと寂しくなる言葉が並んでいます。
そして有吉さんは「一生お金を貯めるだけ貯めて遣わない」人生、「いつか思いっきり遣ってやるぞ!」って思いながら死んで行くのが一番の幸せなんじゃないか・・・と思っているそうです。

「うちの旦那もこんな風に思っているのか?」
と少しショックで、これを読み終わった後旦那とじっくりお金に対する考え方を話し合ってみました。

旦那はやはり人生何が起きるか分からないので一円のお金も無駄にせず貯蓄し、銀行の残高がいっぱいある状態で死んでいくのが理想らしいです。
そしてお金を遣うなら形として残るもののために遣いたい。
「おいしい」とか「楽しい」とか一時の満足で終わるようなもののために遣いたくないのだそうです。

対して私はあんまりお金を残して死んで行ってどうするんだ?と思います。
子供に多少は残してあげたいけれど、いっぱい残す必要はないと思っています。
お金を残すより、自分の力で生きていく方法を教える方が大事だと思うのです。

そして今、自分がいい年まで達したせいか、最近すごく「死」を意識するんですよね(笑)
その結果残りの人生をできるだけ楽しく後悔の無いように生きていきたいと思うようになりました。
今まですごく引きこもりがちな生活を送っていたけれど、「行きたかったなぁ・・・」なんていう後悔はもう嫌だったのでライブに行ってみたし、近いうちに家族旅行に行く予定も立てています。
そして、もう一本ライブに行く予定もあります。

「あの世にはお金も物も持っていけない。でも思い出ならいくらでも持っていける!」
私にはこういう思いが強いです。
つまり必要な分のお金は取っておくけれど、後は旅行に行ったり、ライブに行ったり、映画を観たり、習い事をしたり、おいしいものを食べたり・・・と精神的な満足のためにある程度費やしてもいいと思うんです。
そして「何かをする(得る)ためにお金を貯める」なら分かるけれど、「お金を貯める」ということそのものが目的になってしまうのは根本的に違う気がするんですよね・・・。

これから子供にお金がかかる訳だし、旦那がすごく倹約家なので私も節約するようにしてはいますが、元々私はあんまりお金や物に執着が無いのでこんなことを思うのかもしれません。

旦那には私の考え方があんまり納得できないようで、
「もしかして、私がライブに行くのも無意味な出費だと思ってた?」
って言ったら
「うん、実は・・・」
と言われてちょっとショックでした(^^;)

まぁ、夫婦と言えど価値観の相違はあって然るべきですよね。
要はお互いの主張をどこまで尊重し、妥協するか・・・、どうバランスを取っていくかが大切ということなのでしょう。

自分がやりたいことをするためにも仕事探すとか、もっと上手いやりくりの方法とかを考えて旦那を納得させていかなくちゃ!と思った次第です。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。