スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木の気持ち、薪さんの気持ち(メロディ12月号「秘密」について)

寒いです!
昨日から真冬並みの寒さになり、外は一面の雪景色です。
本格的に「冬」ですね・・・

先週は思う存分VAMPSのことを書いてすっきりし、ようやく気持ちがこっちに戻ってきました(^^;)
今日は「秘密」についてです。

11月末からライブのことばかりを考えていたのですが、それが終わって落ち着いたら・・・、メロディ2月号発売まで2週間を切りました。
そして今年もあと僅か・・・。

「秘密」について語りたいこともあるし、イラストも描きたいし、年賀状まだできてないし、大掃除もしたいし、子供のクリスマスプレゼントまだ準備してないし・・・。

正直色々焦ってますが、ライブの効果でモチベーション高めの状態が持続中なので頑張ります!

とりあえず「秘密」メロディ12月号の感想・・・になるのでしょうか。
時間をかけて考えた結果、最初に読んだ時と自分の見かたが変わったような所もあるので書いてみます。

青木の心情、そして薪さんの心情について自分なりに考えてみました。

もちろん激しくネタばれです。
ご注意を・・・。



12月号の「秘密」を読んで私が一番気になったのは青木の心の動きでした。

自分の姉がMRI捜査の対象となったことで、遺族の複雑な心境を初めて知った青木・・・。
自分や「第九」は「MRIで死者の脳を見る」という行為を「事件を解決するための手段」としてしか見ていなかったのでは・・・と感じ悔いる青木の姿に、私は今後彼が「第九」やMRI捜査に嫌悪を抱くようになるのでは?とさえ思いました。
ところがそんな青木がラストには「自分を捜査から外さないで下さい」と薪さんに懇願します。

一体青木にどんな心境の変化があったのか?

この辺りが「狂っていない誰か」を求める印象的なシーンと共になかなか自分の中に入ってこなかった・・・、つまり理解し難かったのですが、何とか自分なりの見かたが固まった感じがします。
(正直自信は無いですが・・・)

まず精神的にタメージを負った青木は「狂っていない誰か」で薪さんの姿を思い浮かべ、求めるように手を伸ばすのですが、
「狂っていない」ということを求めるなら薪さんよりその隣の岡部さんでしょう!?
な~んて思ったのは私だけでしょうか?

薪さんは最近青木に鈴木さんの姿を重ねる回数がどんどん増えている感じがしてはっきり言って危うい感じがするし、青木もそれに気付いていたはずなのでは?と思うのです。
だからこそ青木は葬儀の席で薪さんの顔色が変わったのをいち早く察知して支えられたのではないかと思うのですが・・・。

それなのに何故「狂っていない誰か」が薪さんだったのか?

私は、精神的なダメージを負い混乱した青木の脳が「狂っていない誰か」というキーワードで脳内を検索した結果「貝沼の脳を見ても狂わなかった唯一の捜査員『薪剛』」が出てきてしまったのではないかと思いました。

薪さんは貝沼事件に関わった結果、鈴木さんを自ら撃たなければならない事態となったことを青木は知っています。そして自分と同様に「第九」にいたこと、MRI捜査に関わったことを後悔したはずの薪さんは今も逃げずに「第九」で捜査し続けている・・・。
元々薪さんは青木にとっての憧れの存在ですから、そんな薪さんの姿が暗い「狂った世界」から「現実」に戻るための「灯台の光」のように映ったのではないかな・・・。

そう考えれば何となくMRI捜査に嫌悪感さえ抱きつつあるようだった青木がラストで「もうこれしか方法がない気がした」と捜査に参加する強い決意を見せたことが納得できる気がしたんです。
上手く言い得ているか不安ですが、青木は現在のこの辛い状況から逃れるために薪さんの生き方を指針に前に進もうとしているんじゃないかと思うのです。

・・・が、これは私の思う青木の建前的な考え。

実は青木が「狂っていない誰か」で思い浮かべた薪さんは「狂っていない」ではなく、単純に今自分が会いたい人、支えてほしい人だったんじゃないかな?と思うわけです。
そして捜査に参加したいのも、薪さんという存在が今の青木に必要で「側にいたいから・・・」というだけなのかもしれません。

(ちなみに私は捜査への参加を強く望む青木を見ていると、「2001」で青木自身が「親友を亡くしてまで何を求めて死と狂気と隣り合わせのこの仕事を続けているのだろう」と言っていた薪さんの心の謎を身を持って知ろうとしている気がする・・・。つまり薪さんという存在により近づきたがっているようにさえ思えます。)

そんな自分の本心に気付かず青木が危うい薪さんを「狂っていない」強い存在と認知してしまい、今だ鈴木さんの死を乗り越えられていない薪さんを勝手に自分の生き方のモデルにしてしまっていたとしたら・・・。
危険かもしれない・・・?

これは私の勝手な推測なのであまり気にしないでくださいね。
よく外れますから(笑)
でもこういう風に考えなければ自分自身納得が行かなくて(^^;)


そして一方の薪さんは青木の姉夫婦を殺害した犯人に心当たりがあるようですよね・・・。
それももしかしたら薪さんが過去にMRIで見た「カニバリズム事件」と関わりがある?

何にせよ、どうやら薪さんは青木の姉夫婦の殺害事件にも強い責任を感じてしまっている気配がします。

こんな状態の薪さんに青木はとびきりの笑顔を見せたり、「捜査から外さないで」と訴えたりして薪さんになついている様を見せつけていますが、それはかえって薪さんを苦しめるのかもしれませんよね・・・。

ただでも最近よりモロくなっているように見える薪さんに、青木が「強さ」とか「支え」を求めてしまったら薪さんはつぶれてしまうんじゃないかと不安です。

最初読んだときは青木意外と大丈夫そうだなって思ったのですが、深読みすればするほど青木も薪さんもかなり危険な状態にある気がしてきたんですが・・・(^^;)

あ・・・、でも悲観的になっているわけではありませんよ。

何度も言ってる気がしますが、これで薪さんも青木も同じような悲しみ、同じような罪悪感を背負ったわけです。
私は2人が辛い体験、辛い気持ちを語り合うことが互いの傷を癒す最高の薬になるんじゃないかなって思うんですよね。
薪さんにとっては立場上すごく難しいことかもしれないけれど、青木のアクション次第では不可能ではない気もするし・・・。

次号メロディ・・・、どうなるか予想もつかないですが、「秘密」は残酷だったり悲しい結末だったりしてもいつもどこかにささやかな灯りがある・・・。そんな気がしています。
だから希望を捨てずに待ちたいと思います(笑)



よし!書きたかったことを書いてとりあえずすっきり!

この自分なりの見解にたどり着くまで結構長かったです・・・。
メールのやりとりとか他の方の感想などがかなり参考になりました。
皆様、ありがとうございました(^^)

では、時間が無いのでそろそろクリスマスのイラストにとりかかります!




スポンサーサイト

テーマ : 少女漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。