スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ漫画「失恋ショコラティエ」

早いものでもう2月に入りましたね!
2月のイベントと言えば「バレンタインデー」!!

と言う訳で、今回はちょっと「秘密」をお休みしてこの時期にピッタリな漫画をご紹介。





2011年漫画大賞にもノミネートされているこの作品。
昨年12月に3巻が発売されました。

あらすじはといいますと・・・

高校時代からの憧れの人サエコさんとやっとの思いで付き合うことができた爽太。
しかしバレンタインデー前日サエコに衝撃の事実を告白され振られてしまいます・・・。

それでも彼女のことがどうしてもあきらめられない爽太・・・。
彼はチョコレートが大好きなサエコに自分の作ったチョコを食べさせたい・・・、ただその一心でフランスに渡り一流のショコラティエを目指します。
そして5年後パリの有名チョコレート店「ボネール」のショコラティエとなった爽太は「ボネール」の日本進出によりマスコミに「チョコレート王子」という称号を与えられ華々しく帰国!

しかしサエコはすでに結婚が決まっており・・・。

それでもやっぱりあきらめられない爽太。
「ボネール」を辞め、自分の店「ショコラヴィ」を開店した彼は店を有名にするため、そしてサエコを手に入れるため、売れるショコラと自分自身をプロデュースしていく・・・というお話になっています。



その漫画の興味深い所は、爽太の作るチョコレートが彼の「恋」と「仕事」に大きく関わっているという所かな・・・と思います。

「仕事だから・・・」というだけではなく、チョコレートを見る目が確かなサエコを自分の店に呼び寄せるためにもおいしいチョコを作り続けなければならない爽太。
そして爽太の恋の「喜び」「哀しみ」「切なさ」はインスピレーションとなって自分のチョコに注ぎ込まれ、サエコやたくさんの客に届くのですよね。

描かれるショコラがとても美しいこともあって「こんなロマンティックなショコラが食べてみたい!」と思ってしまいます。


また学生時代に各学年1のイケメンを次々とおとし、グルメ雑誌の編集長と結婚したサエコを振り向かせるためには「犬のような男」から彼女が自分からオトしたいと思う様な「悪い男」へと変わらなければならない!
そう悟って、あえてサエコを遠ざけたり他の女性と関係を持ったりする爽太と、それに気付き微妙に態度を変え始めるサエコのかけひきも見どころ。
だらだらしてるのだけど先が気になって見てしまいます(^^;)

これを読んでいると、爽太のサエコへの想いの激しさは伝わるものの、果たしてこれを本当に「恋」と呼ぶのか?という疑問も湧いてきます。

私は恋愛中心の漫画ってあんまり読まないのですが、この作者さんの作品はすごく好きで、その恋愛観にも共感できる所が大きいのですよね。

なので、私の疑問にもちゃんと答える形の展開にしてくれるのではないかと期待しています!

その他にもキモオタ(キモいオタク)外人トリビィエや美人でしっかり者なのに恋愛偏差値低過ぎなカオルコさん、そして爽太の妹まつりなど、個性豊かな脇キャラの恋の行方も気にかかります。

個人的には爽太のライバルでオネエ系(ガチホモ)ショコラティエの六道さんがお気に入りです~(笑)



というわけで「読むとチョコレートが食べたくなる漫画」のご紹介でした(^^)

次は「秘密」に戻ります!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。