スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になっていること 「滝沢さんについて」

今日はとっても天気が良くて暖かいです(^^)
雪もかなり溶けたし、もうすぐ3月・・・。
待ち遠しかった春もすぐそこかなぁ・・・というようなそんな気分になってきましたよ!

そしてメロディ4月号の発売日も迫ってきました!
発売日までに思い残しの無いように「END GAME ACT3」を語っておかなければ・・・と思います。

「今日は滝沢さんについて」です。






メロディ2月号のネタバレありです。


メロディ2月号の「秘密」を読んで「滝沢さん、カッコいいな・・・」って思った方結構いたんじゃないかな・・・?

薪さんの判断で捜査に加わることになった青木への野次を一喝して止めさせた滝沢さん。
ちょっとお行儀は悪いけど堂々としていて、周りを納得させる説明もちゃんとつけた辺りが「大人の男」を感じさせました。

そして結果的に薪さんに自分の進言を無視された形となったにも関わらず青木と薪さんを庇ってみせたのも大人の対応だな・・・と思ったし、彼が「第九」復帰時薪さんに「お前に忠誠を誓い、手足となって働く」と言いきっただけの覚悟はあるのかもしれない・・・と思いました。
意外でしたけど・・・。

私は今だに滝沢さんが「敵」なのか「見方」なのか判断がつかないのです。

会議中に薪さんを厳しい目で見ている・・・と思ったら、その後宇野さんと山本さんに指示を出す薪さんを見つめる滝沢さんの目線は何だか温かいものにも見える・・・?
薪さんの神経を逆なでするようなことばかり言うけれど、「好きな子をからかって反応を見てる」のに近い感じを受けたりもします。
結局、滝沢さんが薪さんに対して何か思う所があるようだ・・・というのは分かるけれど、それが「正」の感情なのか「負」の感情なのかいまいち読み解けずにいるのですよねぇ・・・。

「入院を偽装して日焼けするような所に行っていた(?)」とか「不自然な人事」とか「復帰したばかりなのに現在の薪さんや『第九』を知りすぎている」とか怪しすぎるほど怪しいのですが、他人とすり替わっての入院偽装も人事の件も滝沢さん1人の力ではできないことですよね?

警察内部の組織又は警察に強い影響力のある組織の一員で、そこから何か重要な任務を与えられて動いている!
・・・と考えるのが妥当ではないかな~と想像していますが、その組織が「薪さんの車に爆発物をしかけた犯人」「情報漏洩の犯人」「青木の姉一家殺人事件の犯人」と繋がりがあるのか、あるいは全くそれらの事件とは関係なく別の目的があるのか?と言われると・・・、まだ全く分からない・・・。

でも滝沢さんが青木に「お前は公安向きじゃないな」とこぼしたことから、「もしかして滝沢さんは公安の人間?」とも思ったのですが・・・。
もしそうだとしたら「滝沢さんは警察内部の組織又は警察に強い影響力のある組織の一員なのではないか?」という私の推理にも近づくことになるんですが・・・。

さて・・・、滝沢さんの正体は!?
続きを待つしかないですね・・・。


そして今回滝沢さんと青木が初めて接触しました!
青木を心配した・・・というのもあるのでしょうが、薪さんの動向をチェックしている人は青木の存在も無視できなくなる・・・ということなんだと思います。
岡部さんがいい例ですね(笑)

これが本音なのかは分かりませんが

「薪1人で「検挙率」を挙げ続けてようやく見えてきた「第九」の全国展開まで棚上げになっちまうだろ」

と言った滝沢さんに単純な私は「やっぱりタッキーは『第九』や薪さんの『敵』ではないんじゃないか?」などと思ってしまう・・・。

えぇ・・・、いいように騙されているだけかもしれません(^^;)

そしてここで滝沢さんの口から薪さんのプライベートとか鈴木さんが雪子さんにプロポーズしなかった理由が聞けたのは予想外でした。

大人チックな見方をすれば、清水先生が滝沢さんの口を借りて読者の疑問に答えてくれた・・・みたいな気もするのですがね(^^;)

滝沢さんは鈴木さんの脳は見ていないはず・・・とのことですが、滝沢さんと鈴木さんは仲が良かったようなので薪さんのプライベートや雪子さんと結婚しない理由も鈴木さんから直接聞いたのかもしれませんよね?

もしそうだとしたら雪子さんと結婚しなかった理由に関しては鈴木さんが真実を言わなかった可能性も充分ある!と思うのですが・・・。

ただ、わたしはここでも清水先生が「鈴木さんは本当に雪子さんが好きだったのか?」とか、「雪子さんは鈴木さんと薪さんどちらが好きだったのか?」とか騒いでいる読者に答えをくれたのかな?なんて冷静な見方もしちゃったのです・・・(^^;)

はてさて、どっちなんでしょうね・・・。

それにしても滝沢さんは5年前から薪さんや薪さんに近い人間の情報を集めていたようにも思えます。
岡部さんが「第九」移動時に薪さんの監視を命じられたように、滝沢さんもそのような役割を前から与えられていたということなのでしょうか。
そして「飲み会の後誰と会う予定だったか・・・」なんて最近のことまで知っているということは、今もその任務継続中?

そして滝沢さんは何故こんなことを青木に話さなければならなかったのでしょう?

私は薪さんがご執心の青木がどんな人間か、そして青木の方は薪さんのことをどう思っているのか、それが見たかったのではないかな~と思いました。

・・・でその結果は、かなり滝沢さんを満足させるものだったのではないかと思ったんです。
青木が部屋を出て行ったあとの滝沢さん、いい顔してましたから。

滝沢さんに「任務」だとか「狙い」だとかいうものがあるとすれば、それはきっと薪さんや「第九」に関わることなのでしょうが、青木にも何か関係する所があるのかな?

事件のことだけではなく滝沢さんに関しても分からないことだらけですが、それ故に「怖いけど続きは読みたい」そんな気持ちになります。

あと5日ですか・・・。
メロディ発売までに薪さんと青木の関係について思ったことを書いてから、次号メロディ掲載分の感想に移れればいいなぁ・・・と思っています。





スポンサーサイト

テーマ : 少女漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。