スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ8月号「秘密 END GAME ACT.6」感想 その2

前の記事に拍手ありがとうございました(^^)



そして昨日鍵コメ下さった方、ありがとうございました!
先週位から睡眠時間がいつもの半分位になってるんですが、何故か体調は良くって元気ですよ~!
お肌の調子が悪い位ですが、年のせいって気もします(笑)

「ACT.6」の薪さんは「理想の薪さん」でしたよね。
色々辛い所もありますが・・・。
こんないい人だからこそ幸せになってほしいものですね!




では感想の続きです。

薪さんの今後、「第九」、青木について触れております。










薪さんが機密データを流出させた・・・ということですが、部下達に危害を加えさせないことを条件に滝沢に渡した・・・ということでいいのでしょうか?
それともデータを誰にも渡さないよう持って逃げている・・・ということなのでしょうか?

滝沢が今後も青木にちょっかいを出す気があることをほのめかしたり、貝沼事件のことを持ち出して薪さんをゆすったりしたので、薪さんが折れたように見えます。

でも薪さんは冒頭で警察の関係者と思われる(しかもかなり偉い人そう・・・)渋いおじさまと密約(?)を交わしていて、その条件が「薪さんが『第九』を離れ、姿を消すこと」なのですよね?

滝沢とのゴダゴダの前にすでに薪さんの「『第九』を離れる」という意志は決まっていた訳ですよね?

薪さんの言う「負の遺産」や「膿」って滝沢の欲しがっているデータを始めとした過去の真相を表沙汰にできなかった事件のデータで、それを薪さんは処分しようとしているのかな?と感じました。

だから私は「薪さんが滝沢さんの言いなりになっている」のではなく、「滝沢にそう見せかけて実は同時に「第九」のために重要な任務を遂行している」のではないだろうか・・・とそう思っているんです。

・・・いや、そう思いたいだけなのかもしれませんね・・・。

チメンザールとの交渉かデータの破壊かよく分らないけれど、薪さんが今この事態を終結させるべく尽力しているとしたら、そのために「生きる」方向で動いているんじゃないのかと思えるから・・・。

そして薪さんが「第九」を離れた訳ですが、それによって薪さんが「抜け殻」みたいになっていたらとても嫌だなって思ったんです。

命が助かるなら「マグロ漁船にのって長い間陸の上に戻らない生活をして姿をくらます」でも「どこかの田舎で畑を耕しながら静かに生きていく」でも何でも良いけれど、「滝沢にデータを渡した」なら薪さんはずっと罪悪感を感じていきそうな気がするのですよね・・・。
でも「『第九』にとって重要な任務を遂行した」だったら、薪さんは例え「第九」から離れても、他のメンバーから誤解されたままでも誇りを感じて生きていけるんじゃないかな・・・と思えて、そうであってほしいと願っているんです。

そして薪さんの今後・・・ですが、青木が今後薪さんと対することになるのでは?と思わせるシーンがありますよね。
そしてそこには象徴的に銃を構える誰かの姿が描かれていて、やっぱり薪さんが青木の前に銃を持って現れることになるのかなと予感させられます。

やっぱり青木が薪さんを撃ってしまい、鈴木さんのときのようになってしまうのか?

いや・・・、でも考えれば考えるほど「薪さんの死」は無いような気がしているのですよ。

だって「薪さんが機密データを流出させて追われる身になり警官(青木?)に撃たれて死亡・・・」という展開だったら、滝沢の存在だけで成立したはず・・・。

わざわざあの渋いおじさまが登場した・・・ということはきっと別の展開があるはずだ!
一時はものすごく不安になったけど、今はこう思えてなりません。

そういう訳で例のおじさまの手配で「死んだ」と見せかけて身分を偽り、今までとは別の人生を生きる薪さんを想像していたら・・・

性転換して完璧に女性になった薪さんが偶然を装い青木と再会!
そして青木は「薪さんに似た女性」に一瞬で『恋』に落ちる・・・。

というラストが思い浮かび(^^;)

こんなんだったら薪さんは幸せなのかもな・・・。
でも男の薪さんに恋する私は一体どうしたら?・・・と自分でした妄想で複雑な気分になりました(笑)



メロディ8月号が発売されてから1カ月以上が経ち冷静になって考えた結果、薪さんのことに関しては「最悪の結果」は無いと思うようになりました!

むしろ心配になってきたのは「第九」メンバーのこと・・・。

薪さんがデータを流出させた理由が「『第九』の存続と発展のため」であっても、「部下の安全のため」であっても皆はそうは思わないですよね?

岡部さんや宇野さんは「何かあったんだ・・・」って思ってくれそうだけど、他のメンバーは薪さんのことをどう思うんだろう・・・。
やっぱり「裏切られた」と思うんだろうか?

「機密データの流出」が「第九」とその部下達を思えばこそ取らざるを得なかった行動だということを思うとあまりに切ないです・・・。

「データ流出」の前の段階で滝沢とのことを勘ぐっていた小池などは「やっぱりあいつらグルだったんだ!(←滝沢が一緒に消えた場合である・・・)」とか薪さんのことボロクソ言いそうですよね(TT)

「薪さんの「第九」の回想に青木、岡部さん以外に2回出ているのは君だけなんだ!案外と薪さんに愛されてるんだからひどいこと言わないで!」と今から言っておきたいです。

そして一番気になるのはもちろん青木です

もうすでに「薪さんに裏切られた・・・」と思っているであろう青木はデータを流出させた薪さんを一体どう思うんだろう・・・。
やっぱり「憎しみ」になってしまうんだろうか?

そして、薪さんが青木のためにそれを願っていると思うとすごく切ないです。

薪さんと青木はいずれ対等な形の強い絆で結ばれるようになると信じていた私には「青木が誰よりも自分を思っている薪さんを憎むようになるかもしれない」という展開はかなり衝撃的でした。

意味のない捜査をさせていたことを告白して青木にキツイことを言ってしまった薪さん・・・。

多分薪さんは「第九」を去るその日まで青木を支え続けたかったんだろうと思います。
でも滝沢と青木を引き離すために真実をポロッと漏らしてしまったことから、真っすぐな青木に嘘を付き通すことができなくなってしまった・・・。
そして滝沢(チメンザール)や青木自身の絶望から青木を完全に守るには自分が悪者にならなければいけないとあの瞬間覚悟を決めたんだろうな・・・と思います。

そして青木は青木で無条件で薪さんを信頼していたし、「姉の無念を晴らす」というだけでなく、薪さんに認められたいという気持ちで捜査を頑張っていたところも大きかったと思う・・・。

だからこんな2人の気持ちのすれ違いがとても哀しかったし、薪さんが青木に誤解させたまま去ってしまった・・・ということがとても辛かった・・・。

私は青木がいつか薪さんの片腕的な存在になると思っていたのですよ。
それが青木は思ったよりも成長せず、薪さんの「支え」になるどころか、薪さんを神格化、理想化するばかりで薪さんの本当の姿を見ることすらしてはくれなかった・・・。
ラストが近いと言うのに残念だな・・・と思ったのですが、考えてみたら青木はまだ「第九」に入って2年しか経っていなかったんですね?
仕方がないと言えば仕方がなかったのかもしれません・・・。

もう「薪さんを守って」とか「支えて」なんて言いません。

せめて薪さんが何故自分に嘘をつき続けていたのか、何故機密データを流出させてしまったのか・・・。
その真実を知る努力をしてほしい!
そしてできるなら真実にたどり着いてほしい。

今、青木に望むことはそれだけです。

次に青木が薪さんと会う時は、青木の目にちゃんと真実が映っていたらいいな・・・、そう願っています!





感想はあともう一回で終わると思います。
では、もうちょっと頑張ります!


スポンサーサイト

テーマ : 少女漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。