スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ4月号「秘密 END GAME ACT.9」感想~その2~(拍手レスあり)

暖かくなったり、寒くなったりするせいか、家族全員風邪ひいちゃってます。
娘の初めての参観日も見られませんでした~(TT)
連休までには治したい・・・。

今日はまた感想の続きです。

今回は特に自分の漠然と考えていたことを人様に伝わるような文章にすることにすごく苦労してしまいました・・・(^^;)
伝わるといいですが・・・。








以下ネタバレです。




今回の感想は青木の行動と言葉で薪さんの心は救われたのか・・・?という話であります。

結論から言うと、まだ完全に救われたわけじゃないと思っています。
でも青木の言葉で薪さんは少し楽になったんじゃないかな?と思うし、何よりも薪さんを「もう少し生きてみよう」という気持ちにさせてくれたことに関しては青木に感謝しています。

滝沢に乞われても脳を撃つことを断固拒否していた薪さん。
「第九」から殉職者は出さない」と滝沢を撃つのを堪え、グラサンハゲ男の頭を外して銃を撃ち、滝沢の脳を撃つことを拒否した薪さんの行動を見て、「第九」から離れる覚悟はしたものの、やっぱり薪さんは「第九」の室長のまんまだなぁ~と嬉しく思いました(^^)

でも、そんな薪さんが「事件の重要な関係者である滝沢の脳を撃つ」という「第九」の室長としてあるまじき行為に及んでしまった理由。
それは「第九」の室長としての薪剛に、脳を見られることを拒否した滝沢や鈴木さんに共感し、MRI捜査に罪の意識を覚えていた一個人としての薪剛が勝ってしまったから・・・のように感じました。

その後、滝沢の脳を撃った直後の自分の姿を青木に見られた薪さんは自分の「秘密」の何もかもを青木に見てもらうことを望み、「僕を撃て」と銃を向けるのですが・・・。

脳を見られることを恐れ続けてきたはずの薪さん・・・、つい先程脳を撃たれることを望んだ滝沢や鈴木さんに同調したと思える行動を取った薪さんが何故いきなり

この目を
この脳を
僕の体から今すぐえぐり出して見ろ


という気持ちになったかと言うと・・・、「2007 特別編」で薪さん自身が語った

死んだ人の「脳」を
死んだ人の「秘密」を見てきた

「犯罪捜査」という名目で何の断わりもなく
白日の下に晒し続けてきた

(途中省略します)

その自分だけが死後も「秘密」を守り通す
そんな勝手が許されるのだろうか


という苦悩に即刻決着をつけようとしたからだと思いました。

つまり薪さんは「そんな勝手は許されない」と結論づけ、自分の「秘密」の全てを青木に晒そうとしたのではないでしょうか?

私が「秘密」にハマったのはこの「特別編」がきっかけでした。そして今でも「秘密」の話の中でこの「特別編」が一番好きです。

人の「秘密」を見て捜査するという立場の薪さん、その人自身が実は人に見られたくない「秘密」を抱えて苦悩しているという設定はそれだけですごく興味深いし、薪さんが「特別編」で語った苦悩にどういう答えを出し、「第九」の室長という仕事、そして青木への想いとどう向き合っていくのか?
それは「秘密」という漫画の中で最も関心のあることの一つでした。

だから取り乱した薪さんの回想シーンの一部に「特別編」と同じカットを見つけたとき、やっと「特別編」の続きが見られるのだな・・・とちょっと興奮しました!

でも今回の薪さんの判断は冷静な状態で出した答えではないですよね?

薪さんには滝沢や鈴木さんの脳を見られることを拒んだ気持ちが痛いほど分かったはず。
滝沢と鈴木さんの「見られたくない」という思いに心を寄せた結果、ずっと胸の奥に押し込めていた「人の脳を見てきた」という罪悪感が一気に噴き出してしまったように見えました。
それに耐えきれず、「死んで『秘密』を晒す」という形でこの苦しみから解放されようとしたのではないでしょうか?

また薪さんの近くに遺体が二つ転がっていて、滝沢の脳は明らかに薪さんが撃ったと分かる状況でした。
「2人とも薪さんが殺したのか?」「何故滝沢の脳を撃ったんだ?」という疑問を持っただろう青木に「僕の脳を見れば何もかも全てが分かるさ!」という気持ちもあったでしょうね。

でもそんな薪さんに青木は

秘密なんてどうでもいい
好きです


と言った・・・。

「好きです」についてはこの前グタグタ語ったので深い意味の追求はしませんが、つまり「どんな「秘密」があろうとあなたが好きですよ。」ということを言いたかった訳ですね?
なんかこうして別の文章にしてみたら、結構すごいこと言ってます(笑)
「あなたの全てを受け止めます!」みたいな感じですよね!

薪さんは青木の自分への強い想いを知り、嬉しかったと思う。
思うけれど・・・、青木は薪さんの苦悩の一部分しか想像できていない状態で「全てを受け止める」と言っている・・・。

真実を知ったら青木が衝撃を受けること間違いなし!の秘めた想いを持っている薪さんには嬉しくても手放しでは喜べないわだかまりがあっただろうと思います。

銃を落として、青木を抱き返すのかな~?と思いきやガクッと腕を落としたのも、薪さんが「青木と自分の気持ちは微妙に違う・・・」と感じていることの象徴のように見えました。


そして青木の「あなたのせいじゃない」という発言ですが。
これはずっと自分自身が薪さんに言ってあげたいと思っていた言葉だったので、青木が言ってくれて嬉しかったですね!
ちょっとここは共感してジン・・・ときました。

この辺の青木の言葉はちょっと前に薪さんを殴ったとは思えないほど悟った感じになってますが、岡部さんとか山本さんとか・・・、青木の気づいていなかった薪さんの真実を伝えてくれた「第九」の皆の影響があったからじゃないですかね。

「好きです」の所で青木、「第九」のメンバー、鈴木さん、雪子さんの想いを全て横並びにしたことに違和感を覚えはしましたが、青木が「第九」の皆の名前を出して「皆があなたを心配してます」と伝えてくれたこと自体はすごく良かったと思うんです。

青木が自分の薪さんへの思いと皆の思いを伝えてくれたからこそ、薪さんは自分を大切に思ってくれる人達の所に戻らなくては・・・と思ってくれたんじゃないかな?
そう思うので・・・。

正直ね、「自分を赦してあげて」と言われても、薪さんはそう簡単に自分を赦すことはできないと思います。
「あなたのせいではない」と言われても、薪さんの周りで亡くなった人は多すぎる・・・。
そして起こった事件の中身も薪さんにとっては自分を責めたくなるようなものばかりです。
鈴木さんの件などは仕掛けがされていたとは言え、撃ったのは紛れもなく薪さんで「自分のせいでない」なんてどうしても思えないでしょう。

でも最初にも書いたように青木に「あなたのせいではない」「あなたが自分を赦してあげて」と言ってもらえて、薪さんの張りつめていた心の糸はフッと緩んだと思うし、一瞬「ホントに許していいのかな?」って自問自答したはずです。
そしてすぐに「いや、許せるわけがない」になったかもしれない・・・。
でも今はそれでいいんだと思います。
今まで自分を許せなかった薪さんが青木からこの言葉を貰ったことで、時々「自分を許していいのかな?」って考えるようになるとしたら、それだけでも大きな進歩だと私は思っています。

「許していいのかな?」「いや、許せない」を繰り返し、また苦しくなったらその都度青木が「あなたのせいではない」と言ってくれたら、薪さんが「自分を許していいのかな?」って思う時間がちょっとずつ増えていくんじゃないかな?
薪さんがすぐにその傷を癒すのは不可能だと思うけど、これをきっかけに少しずつ少しずついい方に向かっていくんじゃないかな?
ここが薪さんが再生していくためのスタート地点になるのかも知れないな・・・と思いました。

そして今回「特別編」の薪さんの苦悩の答えが途中になったまま終わってしまいました。
脳を青木に見てもらおうとした薪さんは青木の言葉によって多分その考えを変えたのだと思うけれど・・・。

今まで通り、例の苦悩と長くお付き合いしていく道を選ぶのか?
それとも全く別の道を選ぶのか?

滝沢の脳を撃ってしまいましたから、薪さんの立場が大きく変わることもあるかもしれませんね・・・。

この辺りの続きは楽しみだったり、ドキドキだったり(^^;)

もうすぐメロディ発売日。
感想はあと一回で終わります。





以下、拍手レスです。









4/21に鍵拍手コメを下さった方へ

お返事遅れてすみません・・・。
違和感・・・ありましたよね~。
コメントを頂いて、「好きです」発言にすごくモヤモヤしてしまったのはやはり青木も「第九」メンバーも鈴木さん、雪子さんの想いも全部同じ「好きです」にしてしまってる違和感だったんだな・・・と改めてはっきりしたように感じました。
今回私も素直に入り込めない所があったのですが、感想にも書いたように「あなたのせいじゃない」と言う言葉はとても嬉しかったです(^^)
それによって薪さんの心に良い変化があるといいですね!







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。