スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘密」の中のリアリティ(拍手レスあり)

メロディ発売まであともう少し。
泣いても笑っても「第九」編はこの1回で終わりなんですねぇ~。

後2つほど書きたい記事があったのですが、今週は何かと忙しいのでメロディ発売前には書ききれそうにありません(^^;)

とりあえず1つだけでも今のうちに書いておこうと思います。
前の記事の補足で雪子さんのこと。
大したことではないんですが・・・。






前回の感想で、今までの「秘密」を振り返りながら雪子さんのことを書こうとしたときふと思いました。

彼女は私にとって「秘密」の中にある「現実」だった気がする・・・って。

12歳年下の部下に恋する薪さんと、その薪さんに憧れる青木。
BLチックな流れをブチ壊す・・・、いや、現実的な方向に戻すために現れた(と思われる・・・)彼女は、その役目通りにアッという間に青木の心を奪い、薪さんの心を傷つけ、かき乱しました。

でも私が雪子さんを「嫌だな・・・」と思わなかったのは、彼女が「秘密」という世界にリアルな感じを出してくれていたからなんじゃないかな・・・と思ったんですよね。

私はフィクションの世界にもある程度リアリティが無いと気持ちが入って行きません。
特に人間の心情の表現なんかは綺麗な部分だけでなく、ドロドロしている部分まで描かれてないと深みがないな~って思ってしまう・・・。

その点雪子さんはとても複雑で感情を爆発させてみたり、・・・かと思えば「説明させて」なんて自分を取り繕おうとしたり・・・。
私から見たらリアルな人間・・・、女性像でした。

そして薪さんの恋を邪魔する彼女は薪さんにとっての「上手くいかない現実」「甘くない現実」を実体化させたような存在だった気がしますが、それに関しても私自身が「現実はそう甘くない」と思っている人間なので彼女のすることを自然に受け入れられたのかもしれません。

雪子さんが口にする「結婚」「嫁姑」などの話題も自分にとってはとても身近なもので、薪さんの命に関わる私の日常とかけ離れた重~いストーリー展開の中に彼女が出てくるとなんだかホッとしたものです。
あぁ~、この人は私の知ってる世界の話をしてる・・・って。

私にとって雪子さんの存在は「現実」そのものだったのでしょう。

もしかして「雪子さんが嫌い」という人は漫画に「リアリティ」よりも「夢」を求めているタイプなのかもしれない?
考えているうちにそんな気がしてきたんですが・・・。

さて、どうなんでしょうね?



「エピローグ 一期一会」もうすぐです。
「エピローグ」なので、今さら心乱される展開になるということもないでしょうが、いちいち不安を感じてしまうのは何故なんでしょうね(^^;)
全く、いつからこんな風になっちゃったんだか・・・。

でも、それももうすぐ終わりなのかな・・・?

「エピローグ 一期一会」が心温まるようなお話になることを期待して。
では、次号メロディ発売後に!





以下、鍵拍手コメントの拍手レスです。








23日に鍵拍手コメントを下さった方へ

コメントありがとうございます!

確かに雪子さんの気持ちは分かりづらい所がありましたから、ここで自分の口で語らせてはっきりさせておく必要があったかもしれませんね。

青木も鈴木さんや薪さんをすごく意識していただけに、雪子さんに認められて嬉しかったことでしょうね。
でもここまで自分の気持ちをはっきりさせた雪子さんに比べ、青木はあんまり深い所まで考えてなかったような気がしますよね(^^;)
青木は成長した所がない訳じゃないんでしょうが、悲惨な事件を経験した割には成長の度合いが期待値よりかなり下回っているかな・・・という感じです。
薪さんや雪子さんが大人過ぎるからそう見えるのかなぁ・・・?

私は自分の見方がクール過ぎるのかな?って思う時があります。
「感情」で見られる方はある意味羨ましいですよ(^^)








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。