スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密「エピローグ・一期一会」感想 その1 (拍手レスあり)

咀嚼完了!
正直まだ飲みこめていない部分もあるし、自分の思うことも完全にまとまっていないのですが、今回の感想は訳あって早く終わらせたいので見切り発車します(^^;)
ストーリーに沿って書きながら考えていくことにしますね。

・・・で、ちょっとここで「秘密」にあんまり関係ないんですけど、誰かに堪らなく話したかった出来事を書いていいですか?



某イオンを歩いていたら
「もしお前が女だったら・・・」
と言う声が聞こえてふと後ろを振り返ると、20代後半位の男性二人組が歩いていました。
耳をダンボにして聞いていると、
「もしお前が女だったら、『夫婦割』使えたのにな。」
「でも、俺ら『夫婦』じゃねぇし・・・。」
と・・・。

え?何?携帯の割引とかの話?
・・・で、あなた方の関係って?と色々妄想してしまいました(笑)

あおまきも将来こんな会話をするようになるということなんでしょうか?







以下、かなり激しくネタバレ!

(一番下に拍手レスあります。)














まず最初に、あおまきすとの皆さん、あおまき成立(・・・ですよね?)おめでとうございます!

私は「秘密」がBLチックなお話になるのは正直抵抗がありました。
「秘密」には薪さんと青木がくっつくのか、くっつかないのかというだけじゃない深みや重みがあると思っていた・・・。
だから薪さんと青木の関係がくっついた、離れたというだけで一喜一憂している人を見ると、ずっと「『秘密』の魅力はそこだけじゃないからちゃんと見て感じて!」って思って記事を書いてた・・・。

でもこういう結果になったということは、結局は薪さんと青木の関係が物語の核だったということなのかもしれません。
私が間違ってたのかも・・・。

でもね・・・、「間違ってた」で済ませちゃうと私のこの数年間膨大な時間を費やしてきた(記事数は少ないけど時間だけはかかってます。トロいからね・・・)このブログは完全に無意味なものになるのですよね。

薪さんの恋愛成就おめでとう!
めでたし、めでたし!!

・・・だけでは終わりません。
今日も自分なりに「秘密」に意味を求めます!




まずは扉絵

振り返る薪さんと青木。
2人一緒にどこかへ向かっていこうとしてるように見えます。

まるで今回の内容をイラストで表しているようです。

今回のお話のタイトルは「エピローグ・一期一会」。
私は青薪がどうなるかは生ぬる~い感じで見ていたのですっかり頭から抜け落ちていたのですが、前回の「一期一会」が青木が薪さんのプライベートについて気にし始めるお話になっていたんですね。
その続きというのでしょうか・・・。
「一期一会」という話自体が「青木が薪さんのプライベートを意識する」または「プライベートで2人が近づく」というテーマを持っているようですね。

まずはページを開いてデーンと現れたジョン・B・リード大統領に驚く・・・。
今さら何故ここでリード大統領の件を検証?
・・・と思ったら、MRI捜査の技術が進み、10年以上さかのぼってのMRI画像の再現、しかも脳の必要なある部分さえそろえば多少破損された脳でも再現可能になったんだとか・・・。

こ、怖いよ~(T T)
なんかヤダよ~!!

例えば滝沢みたいに、人は誰しも自分の心に大事にとっておきたい、他人に触れられたくない記憶ってあるだろうに・・・。
それなのにそういう思いに全く逃げ場がなくなってしまうなんて・・・。
「死体の頭部の破壊行為を無意味にする」という効果は確かにあるだろうけれど、私が見られる立場になったら・・・と考えるとすごく微妙な気持ちになります。

しかもその開発にたずさわったのが薪さんだった!

後の方で薪さん自身が言っていますが、脳の破壊を望んだ鈴木さんと滝沢をその目で見た薪さん・・・。
そして滝沢の脳を撃った薪さんがこんな開発を?
「秘密」を見られたくない人間の気持ちを誰よりも理解しているはずのあなたが何故こんなことを!?

何と言っても与えられた仕事ですし、前回言ったような昇進をするためにはやらなくちゃならないことだったのでしょうが、今までの流れを思うと何とも・・・。

そしてテレビ(?)に映し出される薪さんと女性のインタビュアー。
薪さんが麗しい~!
容姿が容姿なのでハリウッドスターがインタビュー受けてるみたいに見えるんですけど(^^;)

自らの「秘密」「私生活」がつまびらかにされる可能性について「危機感」はないかと問われ、

もうないです
僕の頭の中はもういつ誰に見られてもいい

「何かを守りたい」と思える人はそれだけでとても倖せだと思います


えっ!?もう「秘密」ないの??
「守りたい」と思うものないの?

う~ん、「秘密」のない薪さん・・・。
何だかものすごい違和感があるんですけど(‐‐;)
そして「守りたい」と思うものがない・・・って「守りたい秘密がない」ってこと?
それとも言葉そのまま「守りたいものがない」ということ?

この辺は後でまとめます!

それにしてもインタビューしてる女性が薪さんのプライベートに興味深々らしいのが気になる・・・。
まぁ・・・、無理もないか。

青木、薪さんの言葉で何か感じた様子。
そして薪さんと自分の間に更に差が開いてしまったことも自覚したらしい。

薪さんは「待っている」とは言ったけど、止まって待ってやったりはしないのだ!
多分てっぺんまで自分のペースで駆け上ってから青木を待つつもりなのだ!
青木、走って行かないと死ぬまでに追いつかないぞ?


・・・と思っていたら、MRI開発プロジェクト(「M・D・I・P」)への視察団の一員に抜擢された青木。

それに抗議する曽我と小池が微笑ましい(^^)
案外薪さんに懐いてるのよね、この2人(笑)

膨大な資料を渡され、一緒に行くお偉方に挨拶する青木。
「これは仕事だ仕事」と自分に言い聞かせていること自体が仕事だと思っていない証拠だ(笑)

どうやら薪さんに会える喜びでいっぱい?
しかも薪さんにも喜んでもらえるものと思ってきたらしい・・・。

「しかし」・・・?

これは記者会見?公聴会?
どうやら大きな会場に世界中のマスコミを集めて新型MRI(とでも言っておこうか・・・)についての説明を行っているようです。

その壇上に座る薪さん。
「M・D・I・P」の代表そっちのけで薪さんにマスコミの質問集中!

質問も人々の目も薪さんに集中した
それは誰が「M・D・I・P」の中心にいるのかを如実に物語っていた


マイク片手に語る薪さんを見て、「いやぁ~、あれだけ美人だったら質問も目も集中するわぁ~(∥▽∥)」と思ってしまった私・・・。
壇上で1人別格の美しさ!

そして薪さんは実務的なことをやってきたから代表より明確な説明ができるのかもね・・・と私なんかは冷静に思いましたが、どうやら世界のマスコミに名を知られるようになった薪さんに青木はまたまた距離を感じることに・・・。

その後のレセプションパーティ。
どでかいシャンデリアがある豪奢な造りですが、青木が「公共機関に金かけすぎ」って呟いている所を見ると、ここが「M・D・I・P」本部とかなんでしょうか?

色んな意味でビビる青木・・・。

そして薪さん登場!

ギャーッ!!
タキシード姿カッコいい!
・・・がどこかで見た気がした。

多分、ずっと前のコハルビヨリさんのイラストだと思う(^^)
なんだろう・・・、初めての薪さんのタキシード姿が何やら懐かしい(笑)

「お久しぶりです」って青木に言ったように見えたんだが、全く別の人を見てたらしい・・・。
青木は完全無視・・・?ってか、偉い人から順に挨拶しなくちゃね!
でもこういう所にもちょっと薪さんのSっぷりを感じる(笑)

薪さんを囲んで嬉しそうな警察のお偉いさん達。
薪さんを「日本の宝」とまで!!

一時期お偉いさん達は薪さんを煙たがっているのでは?と感じていたんだが、薪さんの功績の大きさに態度豹変?
そしてあの警察内部の不祥事が解決した後、警察内部の風通しが良くなったのかもなぁ~と感じました。

自分と薪さん、そしてその他大勢の立場の違いにいたたまれなくなりトイレに逃げる青木。

お偉いさん達には名前すら覚えられてないし・・・、青木、情けな・・・(T T)

そしてトイレで水思いっきり出してるけど、まさか吐いたわけじゃないよね・・・?
それから水はさっさと止めなさいっ!!
水道代が気になって仕方ないからっ!←

トイレにこもって今さら浮かれて薪さんの所にやってきたことを後悔する青木。

さぁーて、ここからが本番ですね(^^)
長くなりそうなので中途半端に切っちゃいましたが・・・。
次回に続きます!





以下拍手レスです。









7/1 鍵拍手レスを下さった方へ

そうですよね~!
これが「一期一会」だってことをすっかり忘れてました(笑)
雪子さんのことに限らず、前回のお話を見てからこのお話を見ると私的には繋がらない所がいっぱいあって噛み砕くのに苦労しました(^^;)
きっと私が「超独自目線」で見ているからなんでしょうね。

ショックを受けていると思って気を使ってくださったのかしら?と思いました。
全然違う考え方なのに、いつもこちらの気持ちにも配慮してくださって優しい方だな~と思っていました。
嬉しかったです。
ありがとうございました(^^)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

7/3 コメントを下さった方へ

同じ思いの方がいて良かったです(^^)

鈴木さんの事件の贖罪とか薪さんの心の再生だとか、そういうのが全部「青木とうまくいったから全て解決」という風にされちゃった気がして、根本的な解決になってない感じがします。

貝沼、滝沢、グラサンハゲの件も思いっきり同感です(笑)

前号と今号の違い・・・。
どう受け止めればいいのやら・・・って悩んだのですが、今強引に頭の中で繋げようとしています(笑)

なんかいつものように(?)途中で路線変更、というか設定変更があった気がするんですが気のせいですかね・・・?
最後まで「深いテーマ」で書ききってほしかったなぁ…と私も愚痴ったりして(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

7/4 24時頃コメント下さった方へ

ご無沙汰しております(^^)
2つコメント頂いたのですが、ここにまとめさせて頂いてよろしいでしょうか?
よろしくお願いします!

正直に言いますね!
私の色んな思い込みのせいで〉「薪さんが「幸せを感じるようになる」」という大切なポイントが入ってきていませんでした。ごめんなさい(><)
私は前回最終回の薪さんの発言をかなり前向きな形で捉えていたので、今回薪さんが言っていることとの間に大きな隔たりを感じて思考不能になっちゃっていたのですよね・・・。
この辺は次に記事にすると思いますが、まだちょっと結論があやふやです・・・。
分からないことは「分からない」と書くので、「ヘンだよ~!」と思ったら教えてください!

私も先生の読書会のお話は読みましたよ。
実は私も先生と同じ気持ちで、途中から「読むの辛いな・・・」と思ってました。
そして「秘密」は「三角関係」<「事件」なんじゃないかな・・・と思いはじめていたので「事件見て!」という気持ちになっていた気がします。
でもすでに関係は進展していた訳で、最後まで描かなくちゃ皆納得できない状況になってましたよね。
そういうわけでこの三角関係が清算されたことは私も正直ホッとしているんです。

今回私が複雑だったのは単純に自分がBLチックな展開を望んでいなかったから(^^;)・・・というのと、「青木と結ばれる」=「薪さんの苦悩の全てが解決され救われる」ということにはならない気がしていたからだと思います。
あと、なんか意味を持っているんだと思って擁護していた雪子さんがハガキ1枚で消えてった切なさ(笑)

> 「事件」が縦軸なら「薪、青木、雪子」は横軸でしたからね〜〜
> 「事件」中心の「深いテーマ」は他のキャラの方が描きやすくなったのかもですね。

私もそう思います。

> 薪さんの「贖罪」「心の再生」は、、、う〜〜ん、もうそろそろこの辺で解決というか、許されていい気がします。
〉根本的な解決はもう不可能って感じだし。

多くの人は薪さん可哀想って言うんですが、私薪さんに厳しいみたいですね(^^;)
確かに根本的な解決はストーリーの中では不可能だと思いますが、「贖罪」の姿勢は見せて続けてほしかったのかも・・・。
私は誰かのために生きている薪さんの姿が好きなのかもしれません。

でももうちよっと落ち着けば、私も「薪さん良かったね~!」って言えるようになる気がするんですが・・・。
何度も言うようですが、最終回とエピローグの高低差を受け入れきれてないんです、多分(^^;)

そして2つ目のコメントの「蛇足」ですねぇ・・・。

「秘密」のテーマって1つでなく色々ある気がします。
でも一貫して通っている1つのテーマがあると思うんです。
それが先生の思うメインテーマなのかな?と私は予想しているんですけど・・・、それは「秘密」です。

ふ、ふざけてませんよ!?
この辺「第九」編を振り返った感想として書こうと思っていました。
すみませんが、どうかもう少しお待ちください!

コメントありがとうございました(^^)


プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。