スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新終了のご挨拶

「秘密」の「第九」編が終了し、エピローグも終わりました。
これで「秘密」のストーリーに1つの区切りがつきましたね。

夜子さんのブログの記事を読んで予想していた方もいらっしゃるかと思いますが、私は「第九」編終了という区切りの良い時にブログ活動を終了したいと考えておりまして、以前も「辞める」「辞めない」でご迷惑をおかけした夜子さんには比較的早い時期にそのご報告とご相談をさせて頂いておりました。

メロディ8月号が出る前には決意を固めていたので、エピローグを読んだ直後の感想を書きながら「薪さん、良かったね!」と思って泣いてるのか、「こういう感想書くのもこれが最後か・・・」と思って泣いてるのか・・・。
よく分からないまま泣いていました(^^;)

清水先生の「あと一回・・・」という言葉にほだされずラストでブログを止めておけば、ラストとエピローグのつながりに混乱して醜態を晒すことも無かったのに・・・なんて思いもしましたが、それもまたいい思い出になるだろうと思います(笑)

かなり苦心しましたが前記事までに、ここまでの自分の感想も全て書き終りました。
そこでこの記事を持ちまして当ブログの更新を終了することにしましたので、ご報告とご挨拶をさせていただきます。



清水先生から「ラスト・・・」と言葉が出て以来、ずっと「秘密」終了後自分のブログをどうするか考えてきました。
そして「秘密」のラストと共にこのブログも畳めたら良いな・・・と考えるようになりました。

私は創作も思うようにできませんし、「感想を書く」ことが無くなったらやりたいと思うことはゆっくりとイラストを描くこと位です。
それなら他のサイト様への投稿で充分かな~と。

その後終わるのは「第九」編で、「秘密」のストーリーはまだ続いていくらしいと分かり考え直そうとも思いましたが・・・、ブログを始めて早4年・・・。

住んでいる所もブログを始めた当初とは変わりましたし、赤ちゃんに毛が生えた位だった娘も今はランドセルを背負って学校に通っています。

自分のプライベートや意識にも変化があり、新たにやりたいと思うこと、やらなければならないと思うことが増える中、生活の中における「ブログ」の優先度は次第に低くなってきていました。
私がブログの記事を書くのにかかる時間はかなりのものなので、止めてそろそろ新しい風を入れたいな・・・という気持ちも強くなってきていたのでしょう。
「止める」という気持ちを変えることはできませんでした。

これから「秘密」は連載になるのか、不定期の掲載になるのかまだよく分からず、もし連載にならないのなら、今までよりも楽な形でブログができるのかもしれません。

でも私はそろそろ「感想を書く」ということ自体止めにしたいと思っていたのですよね。

「書く」ために「考える」ことで新たな発見があるという良い面がある一方、「書く」ために「考える」ことでせっかく芽生えた感動がスッと消える・・・。一気に冷静になる・・・という悪い面があることも感じていましたし、「書く」ことでしっかりと自分の先入観ができてしまって、次の展開が素直に見れなくなることもあったので・・・。
ラスト~エピローグの混乱がまさにそれだった訳ですが(^^;)

「秘密」はキャラの心情が詳しく説明されない分、読み手の感じ方で話の印象がかなり変わってくる。
今までの感想は今までの自分の感覚で書いてあり、そこには自分の「思い込み」もいっぱいあると思います。

感想を書くのを止めて、自分のブログから離れ、今まで積み上げてきた「思い込み」を全部消した時、自分の目に写る「秘密」は全く違う「秘密」になっているかもしれない・・・。
そしてこれからまた新たな「秘密」のストーリーが始まるなら、先入観のないまっさらな状態から見ていきたい。

一度そう思ったらそれがすごく魅力的なことに思えて、今はそれが楽しみでもあります。

最後まで「秘密」についていって「秘密ブログを卒業します!」と言って辞めていけたらいいな・・・ってずっと思っていたのですが、残念ながら「中退」という形となりますね。

見に来てくださっていた方には本当に申し訳ないです・・・。

でもこの後「秘密」は過去編(?)ということで薪さんの未来は分かっているわけですから、見ている側も「第九」編以上に辛い思いをすることはないでしょう。
そういう意味でこの「第九」編を乗り切って、ここまで来れたことには私自身とてもホッとしているし、満足もしています。
ですから今、思った以上に清々しい気持ちでいます。



今までのブログ生活を一言で言うと「家に居ながら旅をしている感じ」でした。
ネット上で遠くに住んでいる人と出会い、話をする感じは「外」に向かう旅のようだったし、考察や感想を書く際に深くキャラの気持ちを想像する感じ、「秘密」の世界のことを考える感じは自分の内側を旅しているような感覚がありました。

それによって色んな方と知り合うことができましたし、また今まで特に気にすることも無かった自分の思考、感性がどういうものなのか、改めて知ることもできた気がします。

「自分の感性を知る」ことによって気づかされたということもありますが、「薪さんの幸せ」とか「あおまきの恋愛成就」を願う方が多い「秘密ブログ」と呼ばれるブログの中で、私はかなり異質であったと思います。
「ストーリーが素晴らしかったら悲劇も厭わない」と思っていましたし、私の「美しい」とか「面白い」とか思う感覚はちょっと他の人と違っているのかな?と感じることが多かった気がします。

そういうわけで正直「私、ここにいていいのかしら?」と感じながらのブログ生活でしたが、そんな私とリンクし続けて下さっていた方々、そして見に来てくださっていた方々にはとても感謝しています。

特に拍手、コメントにはとても励まされ、ここまで続けることができたのも拍手、コメントをしてくださった方々のおかげと言っても過言ではありませんし、ずっとメル友でいてくれた方もとても支えになりました!
ありがとうございました(^^)

そしてまた「秘密」という作品に並々ならぬ期待を抱いてみていたために余計な口もいっぱい出しましたし、失礼なことにキャラで思いっきり遊んだりもいたしました。
清水先生を始め、関係者の皆様には勝手にネタにして大変申し訳なく思うと同時に感謝しております。

「秘密」の「死者の脳を見る」という設定は他に類を見ない斬新なものだと思うんですよね。
初めて読んだ時の衝撃は忘れられません!

上にも書いた通りこれからは過去編(?)ということで事件が中心となるそうですが、鈴木さんや貝沼の心の謎も解けたりするのかしら?とちょっと期待しています。

これからもその設定を存分に生かしたすばらしい作品が見られることを期待しています。
そして私はそれを新たな気持ちで見ていきたいと思います(^^)

上に「旅をしているみたいだった」と書いたけれど、今の気持ちは「これから家に帰る」っていう気分でもないですね・・・(笑)
やっぱり新しい旅に出るような・・・、そんな気分です(^^)

時々、戻ってきてウロウロしているかもしれませんが、その時はよろしくお願いします!



ではそろそろ行こうと思います!



皆様、
長い間どうもありがとうございましたm(__)m





蛇足ではありますが(笑)、皆様に何もお礼が出来なかったので私が個人的に好きな曲をリンクしておきました。
「悲しみ」→「狂喜」→「再生」へと向かう薪さんのようだな・・・と勝手に思っている曲であります。
7分もかかる曲ですが、お暇があれば聴いてみてください。

サカナクション「目が明く藍色」こちらです。



※このサイトは「残してほしい」というありがたいお言葉がありましたので、年内いっぱいはこのまま放置させていただきます。
その後管理人に不都合が生じるときには、予告なく消去する場合もありますのでご了承ください。







スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【更新終了のご挨拶】

「秘密」の「第九」編が終了し、エピローグも終わりました。これで「秘密」のストーリーに1つの区切りが

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ下さったC様へ

ガッカリさせてしまって申し訳ありませんm(̠)m

おっしゃる通り、「今、忙しいからユル~い感じにやって行こう!」と思っても更新できないと気にかけてしまったり、書きだすと必死になって長い記事を書いてしまったり・・・。
自分を追い込んでしまう所があった気がします。
「気持ちが解る」と言ってくださってありがたいです(^^)

おかげさまで、これからは気楽に「見る側」の立場を楽しめるようになると思います。
名前出してコメントできるかは不安ですが、無難なコメントの時は頑張ってみますね(笑)

今までのありがたいお言葉の数々、本当にありがとうございました!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ下さったT様へ

ありがとうございます(^^)
今まで色々とお世話になり、本当に感謝しています。
では、また!

鍵拍手コメント下さったA様へ

ご理解どうもありがとうございます。
確かに「思い込み」は誰にでもあると思うのですが(^^;)、次は別の「思い込み」ができるかもなぁ~なんて・・・。
今度はあおまき派になれるかもしれませんし(笑)

新鮮でしたか。
そう言って頂けると嬉しいです(^^)

私のレスが気持ち良かったとしたら、それはA様のコメントが気持ちの良いものだったからだと思いますよ!
いつもコメント下さって本当にありがとうございました!
感謝しています(^^)
A様も元気にお過ごしください!



鍵コメ下さったR様へ

おかげさまで私もラストを迎えることができました。
ありがとうございました!

「過去編」どうなるんでしょうね?
おっしゃる通り新たな展開っていうよりは、「鈴木さんは薪さんのことをどう思ってたの?(逆もあり)」とか「薪さん、鈴木さん、雪子さんの関係はどういう感じだったの?」とかいう疑問に答えるっていう感じなのかもしれませんね。
あと先生は「事件」が描きたいらしいので、まだ描きたい事件のネタが幾つかあるのかもしれないな~と思っていますが・・・、どうなのでしょうね?

4か月も開いちゃいますが、先のことはやっぱり気になってます。
どこかで見かけたら「あ、生きてるな・・・」って思ってやって下さい(笑)

色々とお世話になり、本当に感謝しております。
ありがとうございました!

No title

こんにちは。

ご無沙汰しておりました。
時折訪れては記事を読ませていただいてたのですが、「秘密」の展開に、自分のレビューが書けなくなったり、よそ様へのご訪問の時間が限られてしまったりで、なかなかコメントを残せずにおりました。

今回、レビュー記事にでもコメを書かせていただこうかな・・と思ってお邪魔して、こちらの記事に驚きました。

「秘密」連載の区切りに当たって、ブログをお止めになる方もいらっしゃるだろうと予想はしておりましたが。
実際にそうなると、やはり寂しいですね・・(つ;)
でも、ブログにどう向き合っていくかは、管理人自身の考え方によるものであり、他人が口出しすることではないと思うので、めぐるさんがよくお考えになった上での結論を、私も受け入れたいと思います。

>「書く」ために「考える」ことで新たな発見があるという良い面がある一方、「書く」ために「考える」ことでせっかく芽生えた感動がスッと消える・・・。
>「書く」ことでしっかりと自分の先入観ができてしまって、次の展開が素直に見れなくなることもあった

これは、以前からおっしゃっていましたよね。
レビューを書こうと思うことで、素直に作品を見ることが出来なくなってしまうと。

私の場合は、「秘密」を読むと、自然に書きたいことが湧き出し、書くことで気持ちが整理され、救われていたので、感想を書くにも、その過程は人それぞれ全く違うのだと、驚いた覚えがあります。

>「ストーリーが素晴らしかったら悲劇も厭わない」と思っていましたし、私の「美しい」とか「面白い」とか思う感覚はちょっと他の人と違っているのかな?と感じることが多かった気がします。

「秘密」専門ブログを立ち上げたブロガーさん達には、それぞれ「あおまきすと」「すずまきすと」「おかまきすと」等を自称し、薪さんの幸せを願っている方が多かったですが。
でもそれは、「メロディ」を購入して、その中の一作品として「秘密」を読む、あるいは、「絵が綺麗だから」「興味深いストーリーだから」という、普通に作品を楽しむ観点からコミックで「秘密」を読む方々の数からしたら、ごく少数だと思うのです。

なので、めぐるさんの感想は、「他の人と違っている」と言うよりは、むしろ、「大多数の一般の『秘密』読者は、こんな風に感じるのかな」と、多数派の意見に近いのではないかと思って見ておりました。
「秘密」専門ブログさんの中では、客観的な意見と申しますか、一般読者の視点を持っているめぐるさんの感想は、貴重だったと思います。

>失礼なことにキャラで思いっきり遊んだりもいたしました。

キャラバトン等、楽しかったですね(^^)

そうそう、第九メンバーで結婚するなら誰がいいかといったお話もしましたね。
関連記事を挙げた皆様それぞれの、結婚観や男性観も伺えました。

めぐるさんとは、ブログを立ち上げた時期もほぼ同じでしたし。
様々なお話が出来て、色々な思い出が出来ました。

めぐるさんがお書きになったSS、特に、「月夜」が大好きなんです。
薪さんの、秘めながらも抑えきれない・・そんな溢れる想いの描写が鮮やかで。
「あなたが欲しい」も、一見穏やかな光景の中に、繊細な想いが凝縮されていて・・・
めぐるさんの小説、出来ることなら、もっと読みたかったですが。
めぐるさんは、文を書くのは時間が掛かるし、書いた後も消耗するとおっしゃってて、とても大変そうだった中、書いて下さったのですものね。
素敵な物を披露して下さって、感謝しております。

そして、いつも「楽しんで描いた」とおっしゃっていた、数々のイラストも、ありがとうございました。
青木とのツーショットや、ちょっとモードな薪さん等、楽しませていただきました☆

今後もイラストは描かれるおつもりとのこと。
薪さんを描かれたら、是非、pixivにでも投稿して下さいませ。
「秘密」「薪剛」等のタグを付けておいて下されば、検索で見つけますので!

「秘密」ファンとして、共に「秘密」を見守ってこられたこと、嬉しく思います。
ありがとうございました(^^)

※一度別記事に投稿してしまったようなので、投稿し直します。失礼致しましたm(_ _)m

かのんさんへ

お久しぶりです。
体調を崩していて、承認とレスが遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。

最後の記事を書いてから三か月位経ったでしょうか・・・。
自分がブログをやっていたのがずっと昔だったように感じられるほど現実の生活に追われていて、かのんさんがコメントに引用してくださった自分の文章を「こんなこと書いてたんだなぁ~」と懐かしいような気持ちで読みました(笑)

> 時折訪れては記事を読ませていただいてたのですが、「秘密」の展開に、自分のレビューが書けなくなったり、よそ様へのご訪問の時間が限られてしまったりで、なかなかコメントを残せずにおりました。

そうですよね~。
私もレビューを書くのを辛いと思ったことが何度もあり、そんなときは大抵他のブログさんのレビューもあんまり読めませんでした。仕事をしていた頃は自分のブログを維持するのが精いっぱいでよそのブログさんをほとんど回れなかったし、よく分かります。
私などはコメントを書くのにもそれなりの時間がかかるのでまめにコメントを出すことをあきらめたら、気になった記事にもすぐに反応することができなくなってしまい反省しています。

ブログを止めることに関しては時間をかけて考えていたので、今も後悔はしていません。
私、ずっと「書く」ことに悩んで、疲れていたんだと思います。
今思えば、ゴールを設定していたからこそラストまでレビューが書き続けられたのかも・・・。
逆に言えば、無理してレビューを書かずに気楽なことばかり書いていたならもっと続けられたのかもしれませんね(笑)
でも「秘密」の展開が展開だっただけに、その時は面白い話題もあまり考えられなくて・・・。

> 私の場合は、「秘密」を読むと、自然に書きたいことが湧き出し、書くことで気持ちが整理され、救われていたので、感想を書くにも、その過程は人それぞれ全く違うのだと、驚いた覚えがあります。

かのんさんのレビューはいつも溢れる思いがそのまま文章になったようで、「書きたいことが湧きだす」という感じが伝わってくるようでした。
私はかのんさんのその文才も、自分の思ったことを素直に書ける姿勢もいつも羨ましいと思っていました。

私は多分、色々と考えすぎてしまったのだと思います。
「秘密」の展開が辛くなるにしたがって、最初の頃のようにただ「好き」という気持ちだけで書いてはいけないような気になり、だんだんと面白おかしいこともしてはいけないような気になり、自分がどんどん萎縮していくような感じがありました。

> キャラバトン等、楽しかったですね(^^)
> そうそう、第九メンバーで結婚するなら誰がいいかといったお話もしましたね。
> 関連記事を挙げた皆様それぞれの、結婚観や男性観も伺えました。

そうですね!
あの頃は色んなことが気楽にできていて、今振り返っても本当に楽しかったな~って思います。
「同期」でしたし、「秘密」を通じて色んなお話ができましたよね!

> めぐるさんがお書きになったSS、特に、「月夜」が大好きなんです。

ありがとうございます。
素晴らしい小説をたくさん書いていらっしゃるかのんさんに比べるとお恥ずかしい限りなんですけど、自分が書いた作品を覚えていてくださって、とても嬉しく思います。

私ももっと書きたいな・・・って思った時期もあったのですが書くのにものすごい労力がいるうえ、原作が進むにつれ原作の「秘密」の世界から離れた思考が出来なくなり、自分が創作することも、他のブログさんの創作を読むこともできない状態になってしまいました・・・。
この辺りも確実にブログを止める原因になったかな・・・と思いますが、今となってはそうやって悩んでいたこともいい思い出です。

> そして、いつも「楽しんで描いた」とおっしゃっていた、数々のイラストも、ありがとうございました。

ありがとうございます。
下手でしたけど、書くのは好きでした(笑)
ブログを止めて時間はできるだろうから、のんびり絵が描けたらいいな~と思っていたのですが、実際はなかなか描けずにいます。
メロディ発売が近づいてきたので、新しいお話を読んで刺激を受けられたらいいなと期待しています。

> 「秘密」ファンとして、共に「秘密」を見守ってこられたこと、嬉しく思います。
> ありがとうございました(^^)

こちらこそ、楽しい思い出をありがとうございました!
私はもう自らのレビューを書いたりすることはないですが「秘密」の1ファンとして、かのんさんを始め、他の方のブログを見て回ったりすることもあるかと思います。
そして創作が読めるようになったら、まだ未読のかのんさんの作品も読ませていただきたいと思っています。
これからも素敵なレビューや創作、期待しています(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

都 めぐる

Author:都 めぐる
北に生息する♀
人生の真ん中辺を歩いている最中です。

既婚で2人の子供の子育て中!

コメントについて
頂いたコメントには必ずお返事をしております。コメントへのレスはコメント欄、非公開の拍手コメントのレスは本文中かコメント欄に記載しますのでご了承ください。 ブログ内でのレスをご希望にならない場合、下部の「メールはこちらから」からでコメントを頂ければメールでお返事いたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加しています
【清水玲子同盟-朋-】         
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの本
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。